薄毛に悩むアナタへ届ける脱毛改善法 髪が生える育毛メソッド

髪の毛は体内の毒素を排泄している

髪には老廃物や毒素を排泄する役目があります。尿や便、汗など毒素を体の外へ出す働きはいくつかありますが、血流にのって頭皮にやってきた毒素を排泄するのは髪の毛の役割なのです。

毛髪が毒素を排泄する流れ

頭皮へやってきた老廃物や毒素は、栄養と一緒に毛髪内へ。老廃物や毒素は髪の成分と結びついて蓄積されていきます。毛髪は硬いキューティクルという外殻に守られていてるため、取り込んだ毒素を逃がさず貯めこむことができるのです。

そうして貯めこんだ毒素とともに髪は抜けていきます。私たちは体の中に毒素を貯めこまずに済むのは髪の毛のおかげ。ただし、毒素が多くなると、髪の毛の元になる毛母細胞の働きが低下。髪自体は生えようとしているのに、健全に伸びない状態に陥ってしまいます。

頭皮を守るための保温機能

髪の毛は急激な温度変化から脳や頭皮を守っています。頭皮は外部からの刺激に弱く、人の髪の毛は大体10万本生えており、夏には直射日光から頭部を守り、冬には天然の毛皮として寒さから守ってくれる役割を担っています。このような外気温の変化を緩和させて、脳を守るのも髪の毛の大きな役割となります。

  • 空気の層を作って
    急激な温度変化が起きないようにしている

    脳は急激な温度変化があると、血圧が上がり脳梗塞を起こしてしまうリスクがあります。髪の毛で適度な温度を保つことで、脳を温度変化から守っているのです。

  • 夏場の暑い日差しを遮り、
    紫外線から頭皮を守る

    夏場の暑い日差しを浴び続けてしまうと、脳が熱にさらされて熱中症を引き起こすリスクがあります。また、紫外線は頭皮を傷つけてしまう原因の1つ。髪の毛はそうした熱や紫外線から脳や頭皮を守っています。

  • 雨水が直接当たらないようにして
    体温の低下を防いでいる

    温動物である人間は温度変化に弱い生き物。髪の毛は雨水が皮膚に触れるのを防ぎ、体温低下を予防してくれます。

  • 周囲の危険を
    感じ取る

    髪の毛に何かが触れると、毛髪を介して頭皮の伝達神経へ伝わり「何かが有るぞ」と教えてくれます。髪の毛は身の安全を守るための感覚器官でもあるのです。

外部衝撃から守るクッションとしての働き

脳を衝撃から守るために髪の毛は生えています。ふわりとしているのもクッションの役目があるからです。脳は重要な器官のため、頭蓋骨で覆われています。しかし、それだけでは頭蓋骨に何かあった場合、脳に直接ダメージが届いてしまうため、髪の毛というクッションを人体は持っているのです。

毛髪は主に3つの層からなり、一番外側で鎧の役目をしているのがキューティクル。その下にはコルテックスという繊維状のたんぱく質があり、中心部にはメデュラというたんぱく質が主成分の芯が通っています。

キューティクルはとても丈夫です。試しに髪の毛を数本抜いて引っ張ってみてください。人の力でも、なかなか引きちぎれないのが分かるでしょう。女性の髪を使って編んだ縄は丈夫だ、という話もあるくらいです。

頭皮は外的要因による刺激に弱い

頭皮が健康な状態であれば、髪の毛は自然に生えてきます。そんな頭皮を傷つけてしまうのが、刺激の強い育毛剤です。

皮ふにはターンオーバーと呼ばれる再生サイクルがあります。古い角質が自然に剥がれ落ち、新しい皮ふが顔を出すのです。新しい皮ふは刺激に弱い状態。そこに刺激が強い育毛剤を塗布してしまうと、肌が傷んでしまいます。すると、毛母細胞の力が弱くなり、薄毛が進行してしまうのです。

育毛剤のすべてが悪いわけではありません。刺激の少ない髪と頭皮に良い成分のものを選ぶようにしましょう。

       
監修者髪と肌の研究者 : 東田雪子さんの紹介
ノヴェルモイシャンプーシリーズノヴェルモイシャンプーシリーズ
気になる薄毛の原因は間違った育毛知識?
あなたに合った育毛診断テスト

頭皮のマッサージを意識して
シッカリと髪の毛を洗っている

1 / 5

頭皮の痒みやフケが気になる

2 / 5

髪の毛は薄いのになぜか体毛は濃い

2 / 5

頭皮のケアを意識して育毛剤や
洗浄力のあるシャンプーを利用している

3 / 5

パーマや毛染め、脱色などを行っている

3 / 5

日々の生活で帽子やヘルメットを
被り、よく汗をかく

3 / 5

健康を意識して、サプリメントや
健康食品を常用している

4 / 5

日々の生活にストレスを
感じている

4 / 5

髪に良いとされる育毛法は
とにかく試す様にしている

4 / 5

綺麗に洗っても頭皮の
べたつきや皮脂が気になる

5 / 5

育毛を意識して、機械療法を
定期的に試している

5 / 5

髪を洗う時、指やブラシなどで
頭皮をしげきするようにシャンプーしている

5 / 5

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
育毛に関する正しい知識と一度サロンでの詳しい診断をお勧めします。
あなたが頭皮の環境を整えるために良しと考え、対応している行いは逆に環境悪化の原因となってしまい、髪と頭皮にダメージを蓄積させている可能性があります。
「汚れを落とす」事を必要以上に意識し、その結果、頭皮の常在菌や頭皮化の細胞を死滅させてしまっているかもしれません。
そもそも頭皮は刺激に弱く、刺激への対抗手段として頭皮がだんだんと厚く・硬くなり新毛が生えにくい環境になってしまいます。
薄毛・抜け毛の状態が改善しない場合、この肌の仕組みが原因と考えられます。
ルチアでは頭皮エステとして、独自のエステ技術「ミラクルクレンジング」を行っており、頭皮診断やカウンセリングによるサポートも対応しております。
頭皮環境の改善に興味がある方はぜひ一度ご確認ください。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
頭皮・頭髪の健康状態が損なわれているかもしれません、
日々の生活の中で髪の毛や頭皮に対するダメージが蓄積し、頭皮の環境が悪化してきている可能性があります。
髪の毛は本来人間の機能として自然に生えてくるものですが、誤ったシャンプーの方法や髪の毛に対する認識が、薄毛や抜け毛に繋がる原因になっているかもしれません。
髪の成長に必要んあ条件は「清潔で健康な頭皮からの皮膚呼吸」「丈夫な血管からの栄養補給」が整っていれば改善できます。
シャンプー剤の選択ミスや、間違った手入れによる肌トラブルを回避すれば、毛周期に合わせて髪の毛は健やかに発毛してきます。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
薄毛予防の為に「正しい育毛法」を知り、薄毛にならない為の知識を身に着けましょう。
現在の状況において髪の毛や頭皮へのダメージは少ないと予想できますが、誤った育毛法を続けてしまうことで、後々影響がでてきてしまう事も考えられます。
髪を生やすうえで必要となる条件はな何か?どういった行動が髪の毛に悪影響を及ぼし薄毛・抜け毛を招いてしまうのけ、正しい情報と知識から今ある髪の毛のケアに努めていきましょう。

FIN