薄毛に悩むアナタへ届ける脱毛改善法 髪が生える育毛メソッド

髪はどのような成長過程を経て生えてくるのか

髪の毛がどのように生まれてくるのか解説します。

毛穴ができて髪が生えるまで

1:頭皮が凹んで毛穴ができる
頭皮の真皮層あたりまで頭皮が凹み、穴ができます。
2:毛穴の底が血管とつながる。栄養が運ばれ毛乳頭ができる
毛乳頭は血流にのってきた栄養を毛母細胞へ渡すほか、発毛や脱毛の指示を出す司令塔の役割もあります。
3:毛乳頭の周囲に髪の元となる毛細胞が作られる
毛母細胞は髪の毛の元になる細胞です。分裂すると髪が伸びていきます。
4:毛乳頭から栄養を得た毛母細胞が成長し、髪の毛になる
毛乳頭が血管から受け取った栄養を毛母細胞へ送り、毛母細胞は分裂。細胞分裂を繰り返していくことで髪の毛が伸びていき、10万本ほどの髪の毛となります。

髪の成分は実は肌と同じだった

肌と髪の毛は同じ「ケラチン」というたんぱく質が原料。皮膚が凹み髪になるのも納得です。柔らかい皮膚と固い髪の毛では別モノのように思えますが、元をただせば同じもの。つまり、肌ケアをするようにして髪の毛もケアすることができます。洗顔料を選ぶように、シャンプーも髪に良いものを選ぶようにしましょう。

発毛の成長周期を知ろう

発毛の仕組み

髪の毛には、成長期、退化期、休止期、自然脱毛・発毛期というように成長周期があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

毛周期それぞれの特徴

成長期
髪の毛が伸び続ける時期です。毛母細胞が分裂し続けています。髪が完全に成長するまでに、5年から10年かかると言われており、その長さは60㎝~80㎝ほど。髪全体の80%は成長期と言われています。
退化期
毛母細胞が徐々に分裂しなくなります。休止期に向けて、新しい髪を生やすための準備に入る時期。退化期は10日から14日ほどかかるとされていて、髪全体の1%が常に退化期の状態です。
休止期
毛母細胞の分裂が終わり、新毛が生まれる準備を始める期間。成長しきった髪は、自然に抜けるのを待っている状態です。休止期は3~4か月ほどで、髪全体の10%は常に休止期にあるとされています。
自然脱毛・発毛期
新毛が育ち、古い髪が抜け落ちる時期です。新しく生えてくる髪に押し出されたり、ブラッシングやシャンプーなど日常生活の中で抜けていきます。

心配しないで、髪は毎日抜けて当たり前

髪の毛は抜ける

人間は常に10万本ほどの髪の毛をキープするようにできています。それは、髪の毛には人間が生きていく上で大事な役割があるためです。役割とは「頭(脳)を衝撃や急激な温度変化から守るため」「体内の老廃物や毒素を排泄するため」の2つ。もし、髪の毛が無くなってしまえば、重要な脳を守りきれなくなってしまうでしょう。

脱毛・発毛期に入るのは1日50~70本

1日平均で約50~70本の髪の毛が自然脱毛・発毛期を迎えます。なので、毎日髪が抜けるのは当たり前のこと。人や季節により脱毛する本数にはバラつきがあるので、平均よりも抜けた本数が多いからと嘆く必要はありません。

また、髪は長くても歩くのに邪魔にならない腰あたりまでしか伸びないとされています(60㎝~80㎝)。

抜け毛を目にするタイミング

温度変化の少ない季節は髪の毛が生え変わりやすいため、平均よりも多くの髪の毛が抜けます。逆に言えば温度変化が少ない時期は、平均以下の本数しか抜けないということ。

また、抜けた髪の毛はきれいに落ちていくわけではなく、抜け毛が髪の毛の間に引っかかって、私たちが目にするまでにタイムラグが発生することも。数日分の抜け毛を何らかの拍子に一度に目にしてしまうと「抜け毛が増えた」と思ってしまうことがしばしばあるようです。抜け毛が多いと思っていた人がよくよく数を確認してみると平均的な脱毛本数だったという人もいます。抜け毛の本数は気にしすぎないようにしましょう。

髪の毛が抜けたからといって恐れる必要は無し

人間の遺伝子に「髪の毛を消滅させる」という情報が書き込まれたものは発見されていません。髪の毛には脳を守る役目があるため、生えてこないという選択肢は存在していないのです。

また、髪には毒素を排泄する役割もあります。間違った育毛・発毛法の数々により頭皮に溜まってしまった毒素を排泄しようとして毛が抜けるのです。

つまり、過剰な栄養補給や育毛剤の使用、間違ったシャンプー法といった間違った手法を続ける限り、髪は役割を果たそうと抜けていきます。こうした負のスパイラルを断ち切り、人間が本来持っている髪の生える力を取り戻すことができれば、自然に髪の毛は生えてくるでしょう。

       
監修者髪と肌の研究者 : 東田雪子さんの紹介
ノヴェルモイシャンプーシリーズノヴェルモイシャンプーシリーズ
気になる薄毛の原因は間違った育毛知識?
あなたに合った育毛診断テスト

頭皮のマッサージを意識して
シッカリと髪の毛を洗っている

1 / 5

頭皮の痒みやフケが気になる

2 / 5

髪の毛は薄いのになぜか体毛は濃い

2 / 5

頭皮のケアを意識して育毛剤や
洗浄力のあるシャンプーを利用している

3 / 5

パーマや毛染め、脱色などを行っている

3 / 5

日々の生活で帽子やヘルメットを
被り、よく汗をかく

3 / 5

健康を意識して、サプリメントや
健康食品を常用している

4 / 5

日々の生活にストレスを
感じている

4 / 5

髪に良いとされる育毛法は
とにかく試す様にしている

4 / 5

綺麗に洗っても頭皮の
べたつきや皮脂が気になる

5 / 5

育毛を意識して、機械療法を
定期的に試している

5 / 5

髪を洗う時、指やブラシなどで
頭皮をしげきするようにシャンプーしている

5 / 5

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
育毛に関する正しい知識と一度サロンでの詳しい診断をお勧めします。
あなたが頭皮の環境を整えるために良しと考え、対応している行いは逆に環境悪化の原因となってしまい、髪と頭皮にダメージを蓄積させている可能性があります。
「汚れを落とす」事を必要以上に意識し、その結果、頭皮の常在菌や頭皮化の細胞を死滅させてしまっているかもしれません。
そもそも頭皮は刺激に弱く、刺激への対抗手段として頭皮がだんだんと厚く・硬くなり新毛が生えにくい環境になってしまいます。
薄毛・抜け毛の状態が改善しない場合、この肌の仕組みが原因と考えられます。
ルチアでは頭皮エステとして、独自のエステ技術「ミラクルクレンジング」を行っており、頭皮診断やカウンセリングによるサポートも対応しております。
頭皮環境の改善に興味がある方はぜひ一度ご確認ください。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
頭皮・頭髪の健康状態が損なわれているかもしれません、
日々の生活の中で髪の毛や頭皮に対するダメージが蓄積し、頭皮の環境が悪化してきている可能性があります。
髪の毛は本来人間の機能として自然に生えてくるものですが、誤ったシャンプーの方法や髪の毛に対する認識が、薄毛や抜け毛に繋がる原因になっているかもしれません。
髪の成長に必要んあ条件は「清潔で健康な頭皮からの皮膚呼吸」「丈夫な血管からの栄養補給」が整っていれば改善できます。
シャンプー剤の選択ミスや、間違った手入れによる肌トラブルを回避すれば、毛周期に合わせて髪の毛は健やかに発毛してきます。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
薄毛予防の為に「正しい育毛法」を知り、薄毛にならない為の知識を身に着けましょう。
現在の状況において髪の毛や頭皮へのダメージは少ないと予想できますが、誤った育毛法を続けてしまうことで、後々影響がでてきてしまう事も考えられます。
髪を生やすうえで必要となる条件はな何か?どういった行動が髪の毛に悪影響を及ぼし薄毛・抜け毛を招いてしまうのけ、正しい情報と知識から今ある髪の毛のケアに努めていきましょう。

FIN