薄毛に悩むアナタへ届ける脱毛改善法 髪が生える育毛メソッド

間違いだらけのシャンプー方法

薄毛を改善するには毎日正しい方法で頭皮の洗浄・保護を行ない、清潔な状態を保つことが大切です。薄毛が進行している人は間違った方法で髪をケアしているのかもしれません。毎日のシャンプーが知らぬ間に頭皮へダメージを与え、薄毛・抜け毛の進行を招いているケースがたくさんあります。小さな間違いでも続けると頭皮に重大なトラブルを引き起こすので要注意。「頭皮を傷つけてしまう洗髪方法」をまとめたので、今日からシャンプーの方法を見直してみてください。

洗浄力の強いシャンプーで洗ってはいけない
浄力が強い成分が含まれているシャンプーで頭皮を洗うと、髪を傷め炎症を起こしてしまう危険があります。洗浄効果が高い洗顔で顔を洗うと肌が荒れてしまうのと一緒。またダメージを受けている頭皮を守るために皮脂が過剰に分泌されるため、フケ・かゆみ・抜け毛の促進につながります。
頭皮を長時間洗ってはいけない
薄毛の人の中には頭皮の汚れに原因があると考えて5分以上入念に頭皮を洗う人がたくさんいます。しかし、シャンプーの中に含まれる汚れを落とす成分は、頭皮を刺激しすぎてしまうため洗いすぎは禁物。皮膚がむけてしまったり吹き出物の原因となります。
シャンプーをつけたまま放置してはいけない
洗浄効果を高めようとシャンプーをつけたまましばらく置いたままにするのは頭皮にダメージを与えてしまうので止めましょう。かゆみが発生し抜け毛の原因になります。汚れを落とすための洗浄成分が髪の毛へ浸透してしまうと、枝毛・切れ毛・パサつきなどが起こり髪にも良くありません。
ツメをたてて洗ってはいけない
汚れを落とそうと爪を立ててひっかくように洗う行為は頭皮トラブルを引き起こします。顔や腕を爪でひっかくとすぐに傷がつきますよね。爪によって剥がされた角質はフケになり頭皮環境を悪化させます。ひっかいてできた傷口からシャンプーが染み込めば、発毛に大切な頭皮の組織を弱らせることにもなるのです。
ブラシなどを使用してはいけない
濡れた頭皮はとてもデリケートな状態。ブラシによる刺激は強すぎて、摩擦によるダメージや角質のはがれを強める原因になります。ブラッシングによって抜け毛が増えたり、ブラシの先端が頭皮に傷をつくってしまうので危険。フケ・かゆみ・皮脂の過剰分泌を招き薄毛を悪化させます。
髪の毛だけを洗ってはいけない
髪の毛だけをこすりあわせるように洗う方法は、髪を覆っているキューティクルを壊すことに繋がるので注意してください。枝毛・切れ毛などのトラブルが発生し、毛髪が傷つくことで抜け毛にも影響を与えてしまいます。頭皮を洗う時に髪も洗うことができるので、意識的に髪だけ洗う必要はありません。
揉むようにゆるく洗ってはいけない
髪が健康に育つ頭皮環境を整えるには頭皮の汚れをキレイに取り除かなくてはいけません。揉むように洗っただけでは古くなって剥がれ落ちた角質(アカ)が洗い流れず、頭皮に蓄積されていきます。これが原因となって抜け毛が増えてしまうので要注意。指の腹でゴシゴシ洗いましょう。
殺菌効果のある成分が含まれるシャンプーで洗ってはいけない
私たちの皮膚には「常在菌」と呼ばれている菌が生息していて、雑菌から身体を保護してくれています。シャンプーに含まれている成分の中には常在菌の働きを弱めてしまうものもあるので気をつけましょう。フケ用シャンプーとして売られている商品は常在菌にダメージを与えてしまう可能性が高いです。常在菌がいないと雑菌に対する抵抗力が落ちてしまうので頭皮トラブルの原因となります。

正しいシャンプー方法

間違ったケア方法でシャンプーを行なうと頭皮トラブルを引き起こしてしまうことはわかりました。では、どのような方法でシャンプーを行なえば頭皮へのダメージを抑えられるのでしょうか。正しいシャンプーの方法を5ステップで紹介していきます。発毛・育毛のために絶対必要なのは清潔で健やかな頭皮。そのためには毎日のシャンプーが欠かせません。適切なシャンプー方法で髪の汚れを洗い流し、薄毛の改善につなげていきましょう。洗いすぎは良くないのでシャンプーは1日1回で十分です。夏の暑い日によほど汗をかいたあとでなければ、1日に2回以上のシャンプーは控えましょう。
 

  1. まずは髪と頭皮を温水で濡らしていきます。まんべんなく濡らすことでシャンプーの液が髪全体へ行き届き、泡立ちが良くなりますよ。
  2. 次に適量のシャンプーを手のひらへ出します。大きさは500円玉程度でOKです。もう一方の手の指先ですくい取っていきましょう。
  3. 手に取ったシャンプーの液を頭皮の数か所へ少しずつ塗っていきます。シャンプーの役割は頭皮表面の汚れをしっかり落とすこと。頭皮へつける前に薄めたり泡立てたりすると洗い残りの原因になり、フケやかゆみを引き起こしてしまうので、濡れた頭に直接塗るようにしてください。
  4. 爪を立てないようにして両手の「指の腹」で頭皮全体を洗っていきます。汚れをしっかり落とせるようにゴシゴシ洗いましょう。長時間のシャンプーは頭皮にダメージを与えてしまうため、洗髪時間は頭皮全体で30秒以内!洗いすぎに注意してください。
  5. 頭皮に残ったシャンプーは頭皮を傷める原因になるので念入りにすすぎを行ないます。髪の毛1本1本を洗わなくても、シャンプーの泡が汚れを吸着して洗い流してくれるので大丈夫。シャンプーで汚れを落としたあとはコンディショナーで潤いを保護することが大切です。

シャンプーだけでなく、コンディショナーも大事

シャンプーのあとはコンディショナーを使用することによって傷みのない髪の毛をキープできます。男性はシャンプーだけで済ませてしまう人もいますが、より髪が育ちやすい頭皮環境を整えるためにはコンディショナーが不可欠。シャンプー直後の髪と頭皮は保護膜が取り除かれて乾燥気味になっています。そのまま放置しておくと皮脂が分泌され保護膜がつくられるのですが、コンディショナーを使えば皮脂の分泌を抑えながら頭皮を保護できるのでより頭皮の環境を清潔に保てるのです。5つのステップで正しくコンディショナーを使用して頭皮を保護していきましょう。

  1. 500円玉サイズ程度のコンディショナーを容器から手の平に取り出します。コンディショナーは頭皮表皮の水分を保護する役割を持つため、保湿力の高い「レシチン」や「ヒアルロン酸」が含まれているものがおすすめです。
  2. コンディショナーを取った手のひらにもう一方の手のひらを重ねるようにして液を両手になじませていきます。
  3. コンディショナーを手になじませたら髪全体につけていきましょう。コンディショナーは頭皮に直接つける必要はありません。毛先を軽く押さえるようにしながら塗っていきます。
  4. コンディショナーを塗ったら2~3分そのまま置きましょう。この間に髪を保護する成分がしっかり浸透していきトリートメント効果が倍増します。
  5. しばらく置いたら5~8秒ほどで軽くすすぎましょう。このとき洗い流されたコンディショナーが頭皮にも有効成分を届けてくれます。コンディショナーの種類にもよりますが、髪を保護するためにはぬめり感を残すのがポイント。残ったぬめりが頭皮と髪の保護膜となってくれます。
       
監修者髪と肌の研究者 : 東田雪子さんの紹介
ノヴェルモイシャンプーシリーズノヴェルモイシャンプーシリーズ
気になる薄毛の原因は間違った育毛知識?
あなたに合った育毛診断テスト

頭皮のマッサージを意識して
シッカリと髪の毛を洗っている

1 / 5

頭皮の痒みやフケが気になる

2 / 5

髪の毛は薄いのになぜか体毛は濃い

2 / 5

頭皮のケアを意識して育毛剤や
洗浄力のあるシャンプーを利用している

3 / 5

パーマや毛染め、脱色などを行っている

3 / 5

日々の生活で帽子やヘルメットを
被り、よく汗をかく

3 / 5

健康を意識して、サプリメントや
健康食品を常用している

4 / 5

日々の生活にストレスを
感じている

4 / 5

髪に良いとされる育毛法は
とにかく試す様にしている

4 / 5

綺麗に洗っても頭皮の
べたつきや皮脂が気になる

5 / 5

育毛を意識して、機械療法を
定期的に試している

5 / 5

髪を洗う時、指やブラシなどで
頭皮をしげきするようにシャンプーしている

5 / 5

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
育毛に関する正しい知識と一度サロンでの詳しい診断をお勧めします。
あなたが頭皮の環境を整えるために良しと考え、対応している行いは逆に環境悪化の原因となってしまい、髪と頭皮にダメージを蓄積させている可能性があります。
「汚れを落とす」事を必要以上に意識し、その結果、頭皮の常在菌や頭皮化の細胞を死滅させてしまっているかもしれません。
そもそも頭皮は刺激に弱く、刺激への対抗手段として頭皮がだんだんと厚く・硬くなり新毛が生えにくい環境になってしまいます。
薄毛・抜け毛の状態が改善しない場合、この肌の仕組みが原因と考えられます。
ルチアでは頭皮エステとして、独自のエステ技術「ミラクルクレンジング」を行っており、頭皮診断やカウンセリングによるサポートも対応しております。
頭皮環境の改善に興味がある方はぜひ一度ご確認ください。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
頭皮・頭髪の健康状態が損なわれているかもしれません、
日々の生活の中で髪の毛や頭皮に対するダメージが蓄積し、頭皮の環境が悪化してきている可能性があります。
髪の毛は本来人間の機能として自然に生えてくるものですが、誤ったシャンプーの方法や髪の毛に対する認識が、薄毛や抜け毛に繋がる原因になっているかもしれません。
髪の成長に必要んあ条件は「清潔で健康な頭皮からの皮膚呼吸」「丈夫な血管からの栄養補給」が整っていれば改善できます。
シャンプー剤の選択ミスや、間違った手入れによる肌トラブルを回避すれば、毛周期に合わせて髪の毛は健やかに発毛してきます。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
薄毛予防の為に「正しい育毛法」を知り、薄毛にならない為の知識を身に着けましょう。
現在の状況において髪の毛や頭皮へのダメージは少ないと予想できますが、誤った育毛法を続けてしまうことで、後々影響がでてきてしまう事も考えられます。
髪を生やすうえで必要となる条件はな何か?どういった行動が髪の毛に悪影響を及ぼし薄毛・抜け毛を招いてしまうのけ、正しい情報と知識から今ある髪の毛のケアに努めていきましょう。

FIN