薄毛に悩むアナタへ届ける脱毛改善法 髪が生える育毛メソッド

「酸素」と「栄養素」が整えば髪は自然と生えてくる

人が生きて行くために必要な「酸素」と「栄養」は、髪にとっても必要です。頭皮にある毛細血管を通して酸素と栄養が髪に運ばれれば、自然に髪の毛は生え育ちます。これといって特別なことは必要ありません。

さまざまなメディアや企業が、髪の栄養不足が理由で薄毛になるとうたっています。育毛剤やサプリメントで髪の栄養を補給しましょうと、利用者のニーズを満たす商品も多く開発販売されていますよね。しかし、そういったもので栄養を補給するのはおすすめできません。過剰に摂取した成分は使われることなく老廃物となり、毛母細胞の力を弱める原因になります。

頭皮の血管の血流を良くし、栄養を適度に摂取していれば、それだけで髪の毛は元気になります。

自分自身が持っている自然な発毛を妨げないことが一番の育毛なのです。

役割にあわせて形を変えても、髪と肌の成分は同じ

髪も肌の角質も、主成分はケラチンと呼ばれる18種類のアミノ酸がくっついたたんぱく質です。皮膚のように柔らかいものを軟ケラチン、髪の毛のように固いものを硬ケラチンと言います。髪の毛は硬化した角質と言うことですね。分かりやすいイメージで言うと、サイの角。角も皮膚が硬化してできたもので、髪の毛と皮膚の関係に似ています。

髪の毛と皮膚は同じ成分でできているのですから、育毛剤は肌も使えるくらい優しいものでできていないといけません。もし今、育毛剤を利用しているのならそれを肌に塗布できるか一度考えてみてはいかがでしょうか。肌と髪が同じケラチンでできていることを知れば、おのずと髪に良い育毛剤も選べるでしょう。肌にも優しい成分を選ぶことが大事なのです。

悪者扱いされる皮脂は髪に欠かせない必要成分

間違った育毛法の1つに「余分な皮脂は除去する」というものがあります。そのため、皮脂をごっそりと洗い落とすようなシャンプーが少なくありません。しかし、皮脂は大切な肌のバリア機能です。皮脂を落としてしまうと、頭皮や髪がダメージにさらされ傷ついてしまいます。

皮脂は毛穴にある皮脂腺から、頭皮へ分泌されます。そして、汗と混ざり合うと頭皮や毛髪を包むように広がり、乾燥や刺激といったダメージから髪と頭皮を守ってくれるのです。こうしてできたバリアの膜を皮脂膜と言います。皮脂膜が髪の毛まで包むのは、キューティクルの隙間を埋めるように進む毛細現象のためです。

大事なバリア機能の元になる皮脂を取り去ってしまうのが、どれほど髪や頭皮を傷つけるかわかっていただけたでしょうか。皮脂をとりすぎないよう、洗浄力の強いシャンプーは避けるようにしてくださいね。

頭皮へのダメージが発毛・育毛の機能を阻害する

古くなった角質や生活で付いたホコリなどの頭皮の汚れを落とすことは、育毛するうえでとても大事なこと。しかし、洗い方を誤ると、結果的に薄毛を招くことになってしまうのです。

頭皮の汚れを落とそうと爪をたてたりブラシを使って洗髪したりする方がいますが、頭皮を傷つけるだけです。皮脂が育毛を妨げているからと、洗浄力の強いシャンプーを使う・髪を生やしたいと刺激の強い育毛剤を使うのも頭皮を傷つけます。傷ついた頭皮は固くなっていき、血流が妨げられて栄養が髪に行き渡らず髪の成長を妨げます。そうして薄毛が進行してしまうのです。

頭皮へダメージを与えない洗い方やシャンプー、育毛剤を選ぶようにして、正しい育毛をしましょう。

       
監修者髪と肌の研究者 : 東田雪子さんの紹介
ノヴェルモイシャンプーシリーズノヴェルモイシャンプーシリーズ
気になる薄毛の原因は間違った育毛知識?
あなたに合った育毛診断テスト

頭皮のマッサージを意識して
シッカリと髪の毛を洗っている

1 / 5

頭皮の痒みやフケが気になる

2 / 5

髪の毛は薄いのになぜか体毛は濃い

2 / 5

頭皮のケアを意識して育毛剤や
洗浄力のあるシャンプーを利用している

3 / 5

パーマや毛染め、脱色などを行っている

3 / 5

日々の生活で帽子やヘルメットを
被り、よく汗をかく

3 / 5

健康を意識して、サプリメントや
健康食品を常用している

4 / 5

日々の生活にストレスを
感じている

4 / 5

髪に良いとされる育毛法は
とにかく試す様にしている

4 / 5

綺麗に洗っても頭皮の
べたつきや皮脂が気になる

5 / 5

育毛を意識して、機械療法を
定期的に試している

5 / 5

髪を洗う時、指やブラシなどで
頭皮をしげきするようにシャンプーしている

5 / 5

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
育毛に関する正しい知識と一度サロンでの詳しい診断をお勧めします。
あなたが頭皮の環境を整えるために良しと考え、対応している行いは逆に環境悪化の原因となってしまい、髪と頭皮にダメージを蓄積させている可能性があります。
「汚れを落とす」事を必要以上に意識し、その結果、頭皮の常在菌や頭皮化の細胞を死滅させてしまっているかもしれません。
そもそも頭皮は刺激に弱く、刺激への対抗手段として頭皮がだんだんと厚く・硬くなり新毛が生えにくい環境になってしまいます。
薄毛・抜け毛の状態が改善しない場合、この肌の仕組みが原因と考えられます。
ルチアでは頭皮エステとして、独自のエステ技術「ミラクルクレンジング」を行っており、頭皮診断やカウンセリングによるサポートも対応しております。
頭皮環境の改善に興味がある方はぜひ一度ご確認ください。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
頭皮・頭髪の健康状態が損なわれているかもしれません、
日々の生活の中で髪の毛や頭皮に対するダメージが蓄積し、頭皮の環境が悪化してきている可能性があります。
髪の毛は本来人間の機能として自然に生えてくるものですが、誤ったシャンプーの方法や髪の毛に対する認識が、薄毛や抜け毛に繋がる原因になっているかもしれません。
髪の成長に必要んあ条件は「清潔で健康な頭皮からの皮膚呼吸」「丈夫な血管からの栄養補給」が整っていれば改善できます。
シャンプー剤の選択ミスや、間違った手入れによる肌トラブルを回避すれば、毛周期に合わせて髪の毛は健やかに発毛してきます。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
薄毛予防の為に「正しい育毛法」を知り、薄毛にならない為の知識を身に着けましょう。
現在の状況において髪の毛や頭皮へのダメージは少ないと予想できますが、誤った育毛法を続けてしまうことで、後々影響がでてきてしまう事も考えられます。
髪を生やすうえで必要となる条件はな何か?どういった行動が髪の毛に悪影響を及ぼし薄毛・抜け毛を招いてしまうのけ、正しい情報と知識から今ある髪の毛のケアに努めていきましょう。

FIN