薄毛に悩むアナタへ届ける脱毛改善法 髪が生える育毛メソッド

レシチンの特徴

レシチンとは卵黄や大豆に含まれている成分で細胞膜を構成しているリン脂質の1種。体内にある約60兆個の細胞を構成している、身体になくてはならない成分です。血流をスムーズにする作用を持ち、酸素や栄養分を体の隅々まで届けることが可能。記憶力の向上や動脈硬化の予防が期待できます。天然の界面活性剤と言われていて皮膚のコンディションを整える働きがあるため美肌効果も。細胞の生成に関わる成分なので、もちろん髪の毛の生成にも大切なものです。不足すると毛母細胞の働きが悪くなり薄毛が進行してしまうことがあるほど。シャンプーや育毛剤の成分としても利用されています。

  • シャンプー成分としてのレシチンの働き

    レシチンが入ったシャンプーは薄毛の原因となる「過剰な皮脂」を解消するのに効果的です。レシチンには細胞の代謝を加速させる働きがあり、頭皮のターンオーバーを整えることで頭皮環境を悪化させている皮脂を適切に排出してくれます。また血液をサラサラにする作用により頭皮に必要な酸素や栄養をしっかり運搬。髪を育てる毛母細胞が活性化するため育毛効果が期待できるのです。
  • メリット

    卵や大豆といった食材に含まれている成分なので安全性が高いのが利点。問題となる健康被害や副作用は報告されていません。体内のあらゆる細胞を構成している成分なので髪だけでなく肌や脳など幅広い効果が期待できます。

    デメリット

    アレルギーの問題は報告されていませんが、大豆や卵黄に含まれている成分のため反応が絶対に出ないとは言い切れません。肌につけても問題ないか一度試してから利用するのをおすすめします。サプリから摂取した場合は稀に体臭がキツくなることもあるそうです。

  • 注意点

    大量に摂取すると下痢や腹痛を引き起こす可能性があります。ただこれは食材やサプリから摂取した場合と考えられるでしょう。育毛剤やヘアケア商品に含まれている場合、1回の使用量分の中にはそれほど多くのレシチンは含まれていないため、体調に影響を及ぼす心配はありません。

レシチンはどんなものに含まれている成分か

レシチンは「大豆レシチン」と「卵黄レシチン」の大きく2種類に分けられます。それぞれ名前の通り、大豆と卵黄から抽出される成分です。主な働きは同じですが種類によって少し特徴が異なります。

大豆レシチン
大豆や大豆加工食品に含まれているレシチンのことです。豆腐・納豆・枝豆といった食べ物からも摂取することが可能。大豆油をつくる際、遠心分離機によってリン酸脂質を取り除く過程で抽出できます。大豆レシチンは血液中にとどまりやすく、動脈硬化や疾患予防に効果的です。
卵黄レシチン
卵の黄身に含まれているレシチンです。熱に弱い特徴があるため食材から摂取する場合は生の状態がベスト。とくに脳神経に働きかける作用が強いのが特徴です。奈良時代には民間療法として卵の黄身だけを煮詰めてつくる「卵黄油」を使った育毛法が利用されていたとか。

頭皮・髪の毛への効果

レシチンには頭皮の環境を整えるさまざまな効果が期待できます。油を乳化する作用は血中の中性脂肪を取り除き血液の流れをスムーズに。これによって髪に必要な酸素と栄養がしっかり届くようになります。油と水両方の特徴を合わせもつ性質は高い保湿力が魅力的。使用していくうちに肌荒れのない頭皮へと改善され髪が育ちやすい環境へと変化していくでしょう。老廃物が適切に排出されるのを助ける作用もあるため、過剰に分泌してしまった皮脂もきれいになります。頭皮表面と内部組織の両方に働きかけて頭皮の健康を守ってくれますよ。さまざまな方向から頭皮環境を改善していけることで育毛・発毛に良い成分として注目を集めているようです。

       
監修者髪と肌の研究者 : 東田雪子さんの紹介
ノヴェルモイシャンプーシリーズノヴェルモイシャンプーシリーズ
気になる薄毛の原因は間違った育毛知識?
あなたに合った育毛診断テスト

頭皮のマッサージを意識して
シッカリと髪の毛を洗っている

1 / 5

頭皮の痒みやフケが気になる

2 / 5

髪の毛は薄いのになぜか体毛は濃い

2 / 5

頭皮のケアを意識して育毛剤や
洗浄力のあるシャンプーを利用している

3 / 5

パーマや毛染め、脱色などを行っている

3 / 5

日々の生活で帽子やヘルメットを
被り、よく汗をかく

3 / 5

健康を意識して、サプリメントや
健康食品を常用している

4 / 5

日々の生活にストレスを
感じている

4 / 5

髪に良いとされる育毛法は
とにかく試す様にしている

4 / 5

綺麗に洗っても頭皮の
べたつきや皮脂が気になる

5 / 5

育毛を意識して、機械療法を
定期的に試している

5 / 5

髪を洗う時、指やブラシなどで
頭皮をしげきするようにシャンプーしている

5 / 5

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
育毛に関する正しい知識と一度サロンでの詳しい診断をお勧めします。
あなたが頭皮の環境を整えるために良しと考え、対応している行いは逆に環境悪化の原因となってしまい、髪と頭皮にダメージを蓄積させている可能性があります。
「汚れを落とす」事を必要以上に意識し、その結果、頭皮の常在菌や頭皮化の細胞を死滅させてしまっているかもしれません。
そもそも頭皮は刺激に弱く、刺激への対抗手段として頭皮がだんだんと厚く・硬くなり新毛が生えにくい環境になってしまいます。
薄毛・抜け毛の状態が改善しない場合、この肌の仕組みが原因と考えられます。
ルチアでは頭皮エステとして、独自のエステ技術「ミラクルクレンジング」を行っており、頭皮診断やカウンセリングによるサポートも対応しております。
頭皮環境の改善に興味がある方はぜひ一度ご確認ください。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
頭皮・頭髪の健康状態が損なわれているかもしれません、
日々の生活の中で髪の毛や頭皮に対するダメージが蓄積し、頭皮の環境が悪化してきている可能性があります。
髪の毛は本来人間の機能として自然に生えてくるものですが、誤ったシャンプーの方法や髪の毛に対する認識が、薄毛や抜け毛に繋がる原因になっているかもしれません。
髪の成長に必要んあ条件は「清潔で健康な頭皮からの皮膚呼吸」「丈夫な血管からの栄養補給」が整っていれば改善できます。
シャンプー剤の選択ミスや、間違った手入れによる肌トラブルを回避すれば、毛周期に合わせて髪の毛は健やかに発毛してきます。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
薄毛予防の為に「正しい育毛法」を知り、薄毛にならない為の知識を身に着けましょう。
現在の状況において髪の毛や頭皮へのダメージは少ないと予想できますが、誤った育毛法を続けてしまうことで、後々影響がでてきてしまう事も考えられます。
髪を生やすうえで必要となる条件はな何か?どういった行動が髪の毛に悪影響を及ぼし薄毛・抜け毛を招いてしまうのけ、正しい情報と知識から今ある髪の毛のケアに努めていきましょう。

FIN