薄毛に悩むアナタへ届ける脱毛改善法 髪が生える育毛メソッド

ヒアルロン酸Na-2の特徴

ヒアルロン酸Na-2は、ヒアルロン酸の分子構造を小さくし、ナトリウムをくっつけたもの。従来のヒアルロン酸よりも人体に取り入れやすくなっています。
ヒアルロン酸は多くの化粧品やシャンプーに配合されている成分。肌の外側を覆い潤いが逃げないようにしてくれます。また、ヒアルロン酸Na-2は分子が小さいため肌の奥にも浸透し、内と外から潤いを守ってくれるのが特徴です。肌は水分が保たれると、柔らかくハリがでます。

  • シャンプー成分としてのヒアルロン酸Na-2の働き

    頭皮や髪の保湿にヒアルロン酸Na-2は欠かせません。もともとは体内で生成されているものですが、歳を重ねると生成量が減り、乾燥を招いてしまいます。潤いがなくなった肌はカサつきだけでなく、固く縮こまってしまい血流が悪くなってしまうことも。そうなると、髪の栄養分が充分に運ばれてこなくなり、薄毛が進行することもあるのです。
  • メリット

    体内生成で足りない分を補給することにより、肌や髪・眼球・関節などに水分を保持し柔らかく保ちます。乾燥が気になる部分の改善が期待できる成分です。分子が小さいため、肌の奥にも浸透しやすい特徴があります。

    デメリット

    ヒアルロン酸は補給しても体内に取り込まれてしまい、1カ所にずっとは留まってくれません。つまり、継続的に補っていかなければいけない成分です。まとめて一度に多く摂取するのではなく、毎日コツコツ補給しましょう。

  • 注意点

    ヒアルロン酸を保湿目的で取り入れる場合、分子構造が大きいものは肌からは浸透しません。また、経口摂取したヒアルロン酸が必ず肌や髪の潤いを保つために使われることもないため、不足している分をきちんと補い、髪や頭皮にも行き渡るようにしましょう。

ヒアルロン酸Na-2はどんなものに含まれている成分なのか?

アルロン酸は鶏のトサカやさい帯から作られる動物由来の天然のものと、発酵技術により生成されるバイオヒアルロン酸の2種類。アレルゲンとなるたんぱく質を含んでいないため、天然・バイオともに安全性が高いと言われています。ヒアルロン酸Na-2はそこへナトリウムを混ぜて低分子化させたものです。

人体においては関節、硝子体(眼球)、皮膚、脳などの細胞間に存在し、細胞同士が離れないよう水分を保持しながら繋ぎとめています。ヒアルロン酸が不足すると細胞間の水分が保たれずハリを失い、顔の場合シワやくすみとなって現れるのです。

ヒアルロン酸補給のために化粧品やサプリメントを使用するのが一般的ですが、食べ物(鳥皮、うなぎ、山芋、豚足など)からも摂り入れることができます。

頭皮・髪の毛への効果

ヒアルロン酸Na-2は頭皮の潤いを保ちハリを与えて、良好な頭皮環境へ導いてくれると言います。乾燥している頭皮は肌バリアが壊れてしまっている状態のため、さまざま刺激によって傷つくことも。また、ハリが失われると頭皮が硬くなり、血流が悪くなってしまいます。そうなると、髪が健やかに育つのに良い環境とは言えません。

ヒアルロン酸Na-2の保湿効果は、悪環境となってしまった頭皮を柔らかくみずみずしいものにしてくれるでしょう。髪が育つために必要な酸素と栄養がきちんと行き渡る頭皮になれば、健康な髪が育ちやすくなります。

ヒアルロン酸と抜け毛予防に関連する学術的な意見

ヒアルロン酸の保湿力の高さは、すでに多くの人が知っているところでしょう。アトピー患者に対する皮膚の保湿を目的とし、ワセリンとともにヒアルロン酸を処方する皮膚科も少なくありません。そして保湿対策は、抜け毛・脱毛を予防するための基本でもあります。

頭皮の乾燥が抜け毛予防に役立つ

これまで多くの脱毛症治療に携わってきたAGAヘアクリニックの水島豪太院長は、その監修記事の中で次のようにコメントしています。

医師のコメント

冬の抜け毛対策は、頭皮を乾燥させないようにすることが一番です。そのためには、使用するシャンプーを冬の間だけでも、育毛シャンプーに変えてみるというのも一つの手段です。
水島豪太医師監修「【医師が教える】冬の乾燥に要注意!抜け毛を予防できる乾燥対策」
https://agahairclinic.com/times/care/article_000801

抜け毛対策として頭皮を乾燥させないように、との前提の中、頭皮が乾燥しやすい冬には保湿力の高い育毛シャンプーを使用すべき、と推奨しています。

数ある成分の中でもヒアルロン酸の保湿力は抜群

皮膚・頭皮の保湿効果を持つ成分はたくさん知られていますが、中でも特にヒアルロン酸の保湿効果の高さは、研究者の間で広く知られています。

日本皮膚科学会大阪地方会のコメント

(複数の保湿成分の臨床試験によると)ヒアルロン酸・グリセリン製剤(保湿作用)が有意に優れていることが明らかになった。また掻破痕を持つ入院患者での外用では 、20%尿素製剤塗布群で6例中3例に副作用が見られたが, ヒアルロン酸・グリセリン製剤塗布群での副作用は見られなかった。
大阪回生病院皮膚科「乾燥性皮膚症における保湿製剤の効果」日本皮膚科学会大阪地方会
https://www.jstage.jst.go.jp/article/skinresearch1959/28/5/28_5_715/_article/-char/ja/

同院の臨床試験において、ヒアルロン酸の保湿作用の高さが証明され、あわせて、副作用がないことも証明されました。ヒアルロン酸配合のシャンプーには、効果的かつ安全な脱毛予防効果があることを示唆します。

       
監修者髪と肌の研究者 : 東田雪子さんの紹介
ノヴェルモイシャンプーシリーズノヴェルモイシャンプーシリーズ
気になる薄毛の原因は間違った育毛知識?
あなたに合った育毛診断テスト

頭皮のマッサージを意識して
シッカリと髪の毛を洗っている

1 / 5

頭皮の痒みやフケが気になる

2 / 5

髪の毛は薄いのになぜか体毛は濃い

2 / 5

頭皮のケアを意識して育毛剤や
洗浄力のあるシャンプーを利用している

3 / 5

パーマや毛染め、脱色などを行っている

3 / 5

日々の生活で帽子やヘルメットを
被り、よく汗をかく

3 / 5

健康を意識して、サプリメントや
健康食品を常用している

4 / 5

日々の生活にストレスを
感じている

4 / 5

髪に良いとされる育毛法は
とにかく試す様にしている

4 / 5

綺麗に洗っても頭皮の
べたつきや皮脂が気になる

5 / 5

育毛を意識して、機械療法を
定期的に試している

5 / 5

髪を洗う時、指やブラシなどで
頭皮をしげきするようにシャンプーしている

5 / 5

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
育毛に関する正しい知識と一度サロンでの詳しい診断をお勧めします。
あなたが頭皮の環境を整えるために良しと考え、対応している行いは逆に環境悪化の原因となってしまい、髪と頭皮にダメージを蓄積させている可能性があります。
「汚れを落とす」事を必要以上に意識し、その結果、頭皮の常在菌や頭皮化の細胞を死滅させてしまっているかもしれません。
そもそも頭皮は刺激に弱く、刺激への対抗手段として頭皮がだんだんと厚く・硬くなり新毛が生えにくい環境になってしまいます。
薄毛・抜け毛の状態が改善しない場合、この肌の仕組みが原因と考えられます。
ルチアでは頭皮エステとして、独自のエステ技術「ミラクルクレンジング」を行っており、頭皮診断やカウンセリングによるサポートも対応しております。
頭皮環境の改善に興味がある方はぜひ一度ご確認ください。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
頭皮・頭髪の健康状態が損なわれているかもしれません、
日々の生活の中で髪の毛や頭皮に対するダメージが蓄積し、頭皮の環境が悪化してきている可能性があります。
髪の毛は本来人間の機能として自然に生えてくるものですが、誤ったシャンプーの方法や髪の毛に対する認識が、薄毛や抜け毛に繋がる原因になっているかもしれません。
髪の成長に必要んあ条件は「清潔で健康な頭皮からの皮膚呼吸」「丈夫な血管からの栄養補給」が整っていれば改善できます。
シャンプー剤の選択ミスや、間違った手入れによる肌トラブルを回避すれば、毛周期に合わせて髪の毛は健やかに発毛してきます。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
薄毛予防の為に「正しい育毛法」を知り、薄毛にならない為の知識を身に着けましょう。
現在の状況において髪の毛や頭皮へのダメージは少ないと予想できますが、誤った育毛法を続けてしまうことで、後々影響がでてきてしまう事も考えられます。
髪を生やすうえで必要となる条件はな何か?どういった行動が髪の毛に悪影響を及ぼし薄毛・抜け毛を招いてしまうのけ、正しい情報と知識から今ある髪の毛のケアに努めていきましょう。

FIN