薄毛に悩むアナタへ届ける脱毛改善法 髪が生える育毛メソッド

グリチルリチン酸2Kの特徴

グリチルリチン酸2Kには殺菌効果や抗炎症・抗アレルギー作用があります。育毛シャンプーだけでなく、女性用の美白化粧品にも配合されている成分です。肌トラブルを整え、ニキビ防止などの効果があるとされています。
1回のシャンプーや育毛剤の使用で劇的に効果が出るわけではないようです。原料が漢方だからか、効果の出かたが穏やかといいます。それだけ、肌への刺激も少ない成分です。

  • シャンプー成分としての
    グリチルリチン酸2Kの働き

    グリチルリチン酸2Kの殺菌作用により、蒸れた頭皮に雑菌が繁殖するのを抑え、ニオイが発生しないようにしてくれます。また、頭皮の炎症を抑える働きがあるため、かゆみやフケなどを軽減。かゆみやフケが抑えられることにより、引っかいたり強く頭皮を擦ったりするようなダメージも与えずに済みます。グリチルリチン酸2K含有のシャンプーで洗髪を続けることで、頭皮環境が徐々に整っていくでしょう。
  • メリット

    グリチルリチン酸2Kが配合されたシャンプーは、ニオイ・かゆみ・フケなどを抑えてくれます。すでに頭皮環境が悪化しているなら良好な環境に導いてくれますし、問題ない人は現状をキープしてくれるのです。

    デメリット

    髪そのものに対して効果はなく、あくまで頭皮環境を整える役目のものです。経口摂取の場合副作用が心配されているため、不安に思う方もいるでしょう。

  • 注意点

    グリチルリチン酸2Kには副作用(偽性アルドステロン症)があるとされていますが、1日40mgを経口摂取した場合のみに発症するとされています。塗布する育毛剤やシャンプーの1回の使用料を考えると、副作用の心配はいらないといえるでしょう。

グリチルリチン酸2Kはどんなものに含まれている成分か

グリチルリチン酸2Kは、グリチルリチン酸とカリウムを合わせた成分です。グリチルリチン酸は甘草と呼ばれる植物の根っこから抽出されます。「甘草エキス」と呼ばれているのを聞いたり見たりしたことがある方もいるでしょう。グリチルリチン酸と甘草エキスはほぼ同じものです。甘草という名前の通り、とても甘味の強い味がします。

抽出されたグリチルリチン酸は、そのままだと水に溶けにくくシャンプーに配合するには不向きな成分でした。そこで、水に溶けやすいカリウムとくっつけることで、有用成分が溶け出しやすいように改良したのが「グリチルリチン酸2K」です。

頭皮・髪の毛への効果

グリチルリチン酸2Kは殺菌作用や抗炎症作用により、頭皮環境を整えてくれます。ニオイ・かゆみ・ふけ・ニキビや炎症といった頭皮トラブル解消のために利用したい成分です。

こうした症状を放っておくと、髪に栄養が行き渡らずに抜けてしまったり健康な髪が育たなかったりします。

「かゆいから掻く→頭皮が傷付く→傷に雑菌が入り炎症を起こす→かゆくなる」という負のスパイラルを断ち切りたい人は、グリチルリチン酸2Kが配合されているシャンプーを選ぶと悩みの解消に繋がるはずです。

また、抱えているトラブル解消に有用なだけでなく、問題のない頭皮環境をキープし育毛を助けてくれる成分ともいえます。

グリチルリチン酸2Kと髪の毛との関係に関する学術的なコメント

グリチルリチン酸2Kが頭皮や髪の毛にもたらす影響について、学術的な視点からのコメントをご紹介します。

グリチルリチン酸2Kは頭皮や髪の毛に良い効果をもたらすのか?

皮膚や髪の毛の研究では国内最高水準を誇る資生堂が、グリチルリチン酸2Kについて次のように解説しています。

資生堂のコメント

『グリチルリチン酸ジカリウム』は、漢方の原料としても知られる甘草の根に含まれる成分で、炎症を抑え、肌荒れやニキビのケアに効果を発揮します。 その特性を生かして、日焼け止めや化粧水、風邪薬などさまざまな製品で使われており、最近はシャンプーなどにも配合されており、頭皮環境を整え、健康な毛髪へ導く効果が期待されています。
出典:資生堂公式HP「グリチルリチン酸ジカリウム」
https://www.shiseidogroup.jp/ingredients/beauty-ingredients/glycyrrhizin_acid.html

グリチルリチン酸ジカリウムとは、グリチルリチン酸2K(2を「ジ」と読み、Kはカリウムを指す)のこと。頭皮環境を整えて健康な毛髪を導く効果が期待される、と明言しています。また日本皮膚科学会は、円形脱毛症の改善に対してグリチルリチン酸2Kが一定の有効性を持つことを解説しています(※)。

抗炎症作用が頭皮環境の改善を導く

国内の多くの医師が会員登録をしていることで知られる「日経メディカル」では、グリチルリチン酸に関して以下のような作用があると説明しています。

日経メディカルのコメント

グリチルリチン酸は生薬である甘草(カンゾウ)などに含まれる成分で様々な作用をもち、肝機能異常や湿疹、皮膚炎などの治療に使用される。グリチルリチン酸の作用には、抗炎症作用(抗アレルギー作用、炎症を伝える伝達物質の阻害作用などによる)、(後略)
出典:日経メディカル「グリチルリチン製剤」
https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/drugdic/article/556e7e5c83815011bdcf8340.html

脱毛の大きな原因の一つが、頭皮の炎症。グリチルリチン酸2Kの強い抗炎症作用には、頭皮環境を改善させて脱毛を予防する効果もあると考えられます。

※参照:日本皮膚科学会「日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AA_GL2017.pdf
       
監修者髪と肌の研究者 : 東田雪子さんの紹介
ノヴェルモイシャンプーシリーズノヴェルモイシャンプーシリーズ
気になる薄毛の原因は間違った育毛知識?
あなたに合った育毛診断テスト

頭皮のマッサージを意識して
シッカリと髪の毛を洗っている

1 / 5

頭皮の痒みやフケが気になる

2 / 5

髪の毛は薄いのになぜか体毛は濃い

2 / 5

頭皮のケアを意識して育毛剤や
洗浄力のあるシャンプーを利用している

3 / 5

パーマや毛染め、脱色などを行っている

3 / 5

日々の生活で帽子やヘルメットを
被り、よく汗をかく

3 / 5

健康を意識して、サプリメントや
健康食品を常用している

4 / 5

日々の生活にストレスを
感じている

4 / 5

髪に良いとされる育毛法は
とにかく試す様にしている

4 / 5

綺麗に洗っても頭皮の
べたつきや皮脂が気になる

5 / 5

育毛を意識して、機械療法を
定期的に試している

5 / 5

髪を洗う時、指やブラシなどで
頭皮をしげきするようにシャンプーしている

5 / 5

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
育毛に関する正しい知識と一度サロンでの詳しい診断をお勧めします。
あなたが頭皮の環境を整えるために良しと考え、対応している行いは逆に環境悪化の原因となってしまい、髪と頭皮にダメージを蓄積させている可能性があります。
「汚れを落とす」事を必要以上に意識し、その結果、頭皮の常在菌や頭皮化の細胞を死滅させてしまっているかもしれません。
そもそも頭皮は刺激に弱く、刺激への対抗手段として頭皮がだんだんと厚く・硬くなり新毛が生えにくい環境になってしまいます。
薄毛・抜け毛の状態が改善しない場合、この肌の仕組みが原因と考えられます。
ルチアでは頭皮エステとして、独自のエステ技術「ミラクルクレンジング」を行っており、頭皮診断やカウンセリングによるサポートも対応しております。
頭皮環境の改善に興味がある方はぜひ一度ご確認ください。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
頭皮・頭髪の健康状態が損なわれているかもしれません、
日々の生活の中で髪の毛や頭皮に対するダメージが蓄積し、頭皮の環境が悪化してきている可能性があります。
髪の毛は本来人間の機能として自然に生えてくるものですが、誤ったシャンプーの方法や髪の毛に対する認識が、薄毛や抜け毛に繋がる原因になっているかもしれません。
髪の成長に必要んあ条件は「清潔で健康な頭皮からの皮膚呼吸」「丈夫な血管からの栄養補給」が整っていれば改善できます。
シャンプー剤の選択ミスや、間違った手入れによる肌トラブルを回避すれば、毛周期に合わせて髪の毛は健やかに発毛してきます。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
薄毛予防の為に「正しい育毛法」を知り、薄毛にならない為の知識を身に着けましょう。
現在の状況において髪の毛や頭皮へのダメージは少ないと予想できますが、誤った育毛法を続けてしまうことで、後々影響がでてきてしまう事も考えられます。
髪を生やすうえで必要となる条件はな何か?どういった行動が髪の毛に悪影響を及ぼし薄毛・抜け毛を招いてしまうのけ、正しい情報と知識から今ある髪の毛のケアに努めていきましょう。

FIN