薄毛に悩むアナタへ届ける脱毛改善法 髪が生える育毛メソッド

アミノ酸系シャンプーの特徴

アミノ酸系シャンプーの一番の特徴は頭皮や髪に優しいということ。頭皮や髪の成分はケラチンとよばれる18種類のアミノ酸がくっついているたんぱく質です。つまり、アミノ酸はたんぱく質を構成している物質。頭皮や髪と同じ成分なので肌への刺激が少なく、皮脂を落としすぎることもありません。

  • シャンプー成分としてのアミノ酸の働き

    アミノ酸系の洗浄成分は、頭皮の皮脂を適度に落としてくれる働きがあります。皮脂は肌バリアに欠かせない分泌物ですが、肌表面に出て時間が経つと酸化して不要のものとなります。この不要になった皮脂を洗い流すのにちょうどよい洗浄力を持っているのがアミノ酸系洗浄成分です。
  • メリット

    肌に優しいため、敏感肌やアトピー肌の方でも使えます。過剰に皮脂を落としてしまうことがありません。保湿性が高く、髪がパサつきにくいのが特徴。一部のアミノ酸が髪に吸着して補修してくれる効果も期待されています。

    デメリット

    洗浄力が弱いと言われているため、スタイリング剤が落ちにくいと言われています。また、市販のシャンプーに比べると価格が高いのもデメリットの1つです。

  • アミノ酸系シャンプーの注意点

    アミノ酸系シャンプーの注意点は「スタイリング剤などの汚れが落ちにくい」「保湿性が高いので髪が重たくなる」の2つです。頭皮や肌に優しいのは間違いありませんが、その分汚れを落としにくいのです。また、保湿性が高いので髪がしっとりします。嬉しい反面、ボリュームが出しにくく、スタイリングに苦労してしまうかもしれません。スタイリングもやりすぎてしまうと髪や頭皮にダメージを与えてしまうので注意してください。

    アミノ酸系の洗浄成分が配合されているアミノ酸系シャンプーの特徴や働き、メリットデメリットなどを解説します。

アミノ酸洗浄成分はどんなものに含まれている成分か

アミノ酸系シャンプーに含まれている成分を見てみましょう。アミノ酸系シャンプーに使われている成分は大きく分けて3つです。

アミノ酸洗浄成分

ココイルグルタミン酸ナトリウム
ココナッツオイル(ヤシ油)、パーム油からとれる脂肪酸とグルタミン酸を合わせた成分。コンディショニング効果もある。
ラウロイルメチルアラニンナトリウム
ラウロイルとはラウリン酸のこと。ヤシ油またはパーム油を原料として作られている。
ラウロイルアスパラギン酸ナトリウム
ラウロイルはラウリン酸のこと。アスパラギン酸はアスパラガスに多く含まれているアミノ酸。

このように、アミノ酸系シャンプーのアミノ酸は主に植物に含まれている成分が多いのがわかります。

頭皮・髪の毛への効果

アミノ酸系シャンプーは頭皮や髪に優しいと言われ、ダメージにより頭皮環境が悪化している人や薄毛・抜け毛に悩んでいる人に選ばれているシャンプーです。刺激を受けすぎてしまった頭皮や髪が優しく洗い上がり、保湿効果でしっとりしたと言う人も多くいます。

頭皮環境が整えば、健康な髪がおのずと生えてきます。アミノ酸系シャンプーに髪そのものを育てる効果はありませんが、土台となる頭皮や今ある髪へのダメージを軽減するのに役立ってくれるでしょう。育毛の縁の下の力持ちとして、取り入れたいシャンプーです。

アミノ酸系シャンプーの特徴に関する医師のコメント

アミノ酸系シャンプーの働きに関して、専門の医師によるコメントが見つかりました。一部ご紹介します。

アミノ酸系シャンプーは本当に髪に良いのか?

沖縄県にある人が気形成外科の新垣実院長は、アミノ酸系シャンプーの特徴・メリットについて次のようにコメントしています。

医師のコメント

敏感肌、乾燥肌などの人には、アミノ酸系シャンプーを用いることで、頭皮の刺激を抑えることが期待できます。アミノ酸系の界面活性剤を使用したアミノ酸系シャンプーの特徴は以下になります。
  • 低刺激性なので、皮膚や髪にやさしい
  • 適度な洗浄力で、皮脂を落としすぎないため乾燥しにくい
出典:新垣実医師監修記事「アミノ酸シャンプーの効果とは」
https://www.skincare-univ.com/article/006688/#indexList2

刺激が強すぎるシャンプーを使用した場合、頭皮に炎症が生じたり髪が乾燥したりなどし、脱毛や切れ毛などの原因となります。新垣医師は、頭皮や髪の毛の健康維持のため、刺激が弱く、かつ洗浄力が適度なアミノ酸系シャンプーを推奨しています。

人体を構成する物質の大半がアミノ酸

アミノ酸系シャンプーが頭皮や髪に良いことの根拠に関連し、薄毛治療の実績が豊富なAGAヘアクリニックの水島豪太院長は、その監修記事において次のように語ります。

医師のコメント

アミノ酸は、人間の体を構成する物質のひとつです。成人の体の約60%は水分といわれていますが、次いで多い20%を占めているのがタンパク質です。筋肉、皮膚、髪、骨の一部に至るまで、タンパク質でできています。そのタンパク質を構成するのが、数種類のアミノ酸です。
出典:水島豪太医師監修記事「【医師が教える】清潔にしていても頭がかゆい! その原因はシャンプーの成分」
https://agahairclinic.com/times/shampoo-care/article_002003

人体から水分を全て除いた場合、残った構成物質の大半がアミノ酸。頭皮も髪の毛も、ほとんどアミノ酸で構成されています。人体のベーシックな物質で髪を洗うわけなので、アミノ酸系シャンプーが頭皮にも髪にもやさしいことは当然と言えば当然。頭皮環境の改善にも大きく貢献することでしょう。

       
監修者髪と肌の研究者 : 東田雪子さんの紹介
ノヴェルモイシャンプーシリーズノヴェルモイシャンプーシリーズ
気になる薄毛の原因は間違った育毛知識?
あなたに合った育毛診断テスト

頭皮のマッサージを意識して
シッカリと髪の毛を洗っている

1 / 5

頭皮の痒みやフケが気になる

2 / 5

髪の毛は薄いのになぜか体毛は濃い

2 / 5

頭皮のケアを意識して育毛剤や
洗浄力のあるシャンプーを利用している

3 / 5

パーマや毛染め、脱色などを行っている

3 / 5

日々の生活で帽子やヘルメットを
被り、よく汗をかく

3 / 5

健康を意識して、サプリメントや
健康食品を常用している

4 / 5

日々の生活にストレスを
感じている

4 / 5

髪に良いとされる育毛法は
とにかく試す様にしている

4 / 5

綺麗に洗っても頭皮の
べたつきや皮脂が気になる

5 / 5

育毛を意識して、機械療法を
定期的に試している

5 / 5

髪を洗う時、指やブラシなどで
頭皮をしげきするようにシャンプーしている

5 / 5

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
育毛に関する正しい知識と一度サロンでの詳しい診断をお勧めします。
あなたが頭皮の環境を整えるために良しと考え、対応している行いは逆に環境悪化の原因となってしまい、髪と頭皮にダメージを蓄積させている可能性があります。
「汚れを落とす」事を必要以上に意識し、その結果、頭皮の常在菌や頭皮化の細胞を死滅させてしまっているかもしれません。
そもそも頭皮は刺激に弱く、刺激への対抗手段として頭皮がだんだんと厚く・硬くなり新毛が生えにくい環境になってしまいます。
薄毛・抜け毛の状態が改善しない場合、この肌の仕組みが原因と考えられます。
ルチアでは頭皮エステとして、独自のエステ技術「ミラクルクレンジング」を行っており、頭皮診断やカウンセリングによるサポートも対応しております。
頭皮環境の改善に興味がある方はぜひ一度ご確認ください。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
頭皮・頭髪の健康状態が損なわれているかもしれません、
日々の生活の中で髪の毛や頭皮に対するダメージが蓄積し、頭皮の環境が悪化してきている可能性があります。
髪の毛は本来人間の機能として自然に生えてくるものですが、誤ったシャンプーの方法や髪の毛に対する認識が、薄毛や抜け毛に繋がる原因になっているかもしれません。
髪の成長に必要んあ条件は「清潔で健康な頭皮からの皮膚呼吸」「丈夫な血管からの栄養補給」が整っていれば改善できます。
シャンプー剤の選択ミスや、間違った手入れによる肌トラブルを回避すれば、毛周期に合わせて髪の毛は健やかに発毛してきます。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
薄毛予防の為に「正しい育毛法」を知り、薄毛にならない為の知識を身に着けましょう。
現在の状況において髪の毛や頭皮へのダメージは少ないと予想できますが、誤った育毛法を続けてしまうことで、後々影響がでてきてしまう事も考えられます。
髪を生やすうえで必要となる条件はな何か?どういった行動が髪の毛に悪影響を及ぼし薄毛・抜け毛を招いてしまうのけ、正しい情報と知識から今ある髪の毛のケアに努めていきましょう。

FIN