薄毛に悩むアナタへ届ける脱毛改善法 髪が生える育毛メソッド

シャンプーの成分だけで選ぶと後々痛い目にあう

育毛に良い成分が配合されているシャンプーなら何でも効果があるのでしょうか?答えはNOです。これだけさまざまな種類のシャンプーが販売されているのは、薄毛に悩む人の原因や現状がそれぞれ違うから。成分だけを見てシャンプーを選ぶのではなく、自分の頭皮環境にあっているかまでチェックするようにしましょう。

シャンプーは大きく分けると3種類

「アミノ酸系」「石鹸系」「高級アルコール系」の3種類のシャンプーがありますが、自分の頭皮環境に合ったものを選ばなければかえって薄毛を進行させてしまいます。それぞれのシャンプーの特徴を見てみましょう。

アミノ酸系シャンプー
洗浄成分にアミノ酸由来のものが配合されているシャンプーです。「ラウロイルメチルアラニンNa(ヤシ油・パーム油由来)」「ココイルグルタミン酸ナトリウム(ヤシ油由来)」などが代表的。低刺激で洗浄力が石鹸系・アルコール系に比べると弱いのが特徴。
石鹸系シャンプー
固形石鹸と液体石鹸に含まれるものと同様の成分が配合されているシャンプーで、日本では長年愛されています。脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムが元になっているため、アルカリ性の強い洗浄力が持ち味です。
高級アルコール系シャンプー
ドラッグストアやスーパーで一般的に売られているタイプのシャンプーです。安価で手に入りやすいため、利用者も多数。洗浄力が高いので、洗い上がりがサッパリします。また、髪がキシみにくい成分(シリコン)も配合されているので、指通りがよくなるのが特徴です。

では、これらのシャンプーはどういった髪質や頭皮環境の方に向いているのか解説します。

髪質・頭皮環境に合ったシャンプーは?

髪質や頭皮環境と、それに合うシャンプーを知っておきましょう。ノーマル肌、オイリー肌、乾燥肌の3タイプ別に紹介します。

【タイプ1:ノーマル肌】
  • 頭皮状態
    頭皮環境がよく、シャンプー後3~4日はべたつかないのがこのタイプ。頭皮に指をあてても皮脂がつきません。
  • 合うシャンプー
    今使っているシャンプーのままで問題無いでしょう。しかし、頭皮環境に合わせて使い分けが必要です。かゆみや乾燥が気になるときはアミノ酸系シャンプーに切り替えて様子をみてください。
  • 避けた方がいい成分
    「ラウリル硫酸」「ラウレス硫酸」はとても刺激が強い成分なので、避けた方が無難。成分表には配合量が多い順に名前が載っているので、上位にこれらが来ている場合は要注意。
【タイプ2:オイリー肌】
  • 頭皮状態
    シャンプー後、1~2日程度で髪がべたつき始めるのがこのタイプ。頭皮に指をあてると皮脂がつきます。
  • 合うシャンプー
    洗浄力の高い「石鹸系」や「高級アルコール系」が良いでしょう。ただし、頭皮トラブルが出にくいと言われているものを選ぶようにしてください。
  • 避けた方がいい成分
    毛穴のつまりが気になる場合は、シリコン入りシャンプーは避けましょう。また、アルカリ性の石鹸系は刺激が強すぎる場合があるので、酸性に寄ったコンディショナーを選んでください。
【タイプ3:乾燥肌】
  • 頭皮環境
    シャンプー後3~4日以上経過しても髪にべたつきが出ず、頭皮に指をあてても皮脂がつかないのが乾燥タイプです。
  • 合うシャンプー
    洗浄力が弱く刺激も少ない「アミノ酸系シャンプー」がおすすめです。乾燥が気になる場合は、保湿成分が配合されているものにすると◎。
  • 避けた方がいい成分
    洗浄力が強いと言われている成分は避けるようにしましょう。また、アミノ酸系シャンプーの中でも、洗浄成分にアミノ酸が使われているものを選んでください。

    シャンプー選びは配合成分だけではなく、自分の髪質や頭皮環境に合わせて選びましょう。

シャンプーと同じくコンディショナーも重要

シャンプー選びと同様にコンディショナー選びも重要です。べたつきが気になったり、皮脂が過剰分泌されてしまったりすると言って育毛の際に使用しないという方もいますが、実は逆。良いコンディショナーを使うことは、皮脂の過剰分泌を抑え頭皮と髪を健やかに保ってくれるのです。

洗髪後の頭皮は、皮脂が洗い流されてしまっているため、肌バリアが無い状態。すると、頭皮の皮脂腺から皮脂が大量に分泌されて肌バリアをつくろうとします。洗髪直後のツッパリ感やキシみが時間と共に薄れるのは皮脂が分泌され肌バリアが形成されるからです。

洗髪後、ヒアルロン酸やレシチンといった、潤いを保つ成分が含まれているコンディショナーを使用すると、皮脂を大量に分泌する必要はなくなります。したがって、コンディショナーをきちんと使うことは、過剰な皮脂分泌を抑えることにつながるのです。

頭皮・髪の毛に良い成分

頭皮や髪の毛に良いと言われている成分についてまとめました。それぞれのページで詳しく解説しています。

アミノ酸系洗浄成分
髪や頭皮と同じアミノ酸を使った洗浄成分は、低刺激で肌に優しいのが特徴です。強すぎない洗浄力は育毛環境を整えるのに欠かせません。頭皮を傷つけずに適度に汚れを落としてくれるため、育毛シャンプーによく使われています。
グリチルリチン酸2K
漢方にも使われる甘草から抽出されるエキスが原料。抗炎症作用があり、刺激によって傷つき荒れた頭皮環境を整えてくれます。頭皮環境が整うことにより、正しい育毛効果が発揮されるとして育毛シャンプーによく配合されている成分です。
オリーブ油・オリーブエキス
食用油としてだけではなく、ヘアケアやスキンケアにも用いられる植物油です。クレンジング効果や肌バリア機能に似た効果が得られるとして、シャンプーだけでなくスキンケア化粧品にも配合されています。
ヒアルロン酸Na-2
ヒアルロン酸を低分子化させたものがヒアルロン酸Na-2です。分子構造が小さいため、肌の上だけでなく奥まで浸透するとされています。保湿に優れているため、乾燥で傷つきやすくなった頭皮に効果的です。
海藻エキス
さまざまな海藻の中でも、当サイトではめかぶ由来の海藻エキスに着目。海藻エキスの主成分であるフコイダンやアルギン酸といった有用成分について調べました。海藻類は髪に良いと言われるのには、理由があったのです。
オウゴンエキス
オウゴンエキスはコガネバナという植物の根から抽出されるエキス。古くから生薬や漢方薬の材料として使われてきたコガネバナには、たくさんの効果効能が。抗炎症や抗酸化作用だけではなく、男性ホルモンのジヒドロテストステロン抑制作用に注目が集まっています。
レシチン
大豆や卵黄から抽出でき、細胞を構成しているリン脂質の1種である身体に無くてはならない成分です。主な作用は血行促進。血液の巡りが良くなることで髪に必要な酸素と栄養がしっかり届くようになるため、育毛効果が期待されています。
ニンジンエキス
オタネニンジンという種類のニンジンから抽出されたエキス。古くから万能薬として利用されていて幅広い効果が期待できます。消炎作用や抗酸化作用を持ち、頭皮に溜まった皮脂が炎症を起こすのを防いでくれるのが特徴です。
       
監修者髪と肌の研究者 : 東田雪子さんの紹介
ノヴェルモイシャンプーシリーズノヴェルモイシャンプーシリーズ
気になる薄毛の原因は間違った育毛知識?
あなたに合った育毛診断テスト

頭皮のマッサージを意識して
シッカリと髪の毛を洗っている

1 / 5

頭皮の痒みやフケが気になる

2 / 5

髪の毛は薄いのになぜか体毛は濃い

2 / 5

頭皮のケアを意識して育毛剤や
洗浄力のあるシャンプーを利用している

3 / 5

パーマや毛染め、脱色などを行っている

3 / 5

日々の生活で帽子やヘルメットを
被り、よく汗をかく

3 / 5

健康を意識して、サプリメントや
健康食品を常用している

4 / 5

日々の生活にストレスを
感じている

4 / 5

髪に良いとされる育毛法は
とにかく試す様にしている

4 / 5

綺麗に洗っても頭皮の
べたつきや皮脂が気になる

5 / 5

育毛を意識して、機械療法を
定期的に試している

5 / 5

髪を洗う時、指やブラシなどで
頭皮をしげきするようにシャンプーしている

5 / 5

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
育毛に関する正しい知識と一度サロンでの詳しい診断をお勧めします。
あなたが頭皮の環境を整えるために良しと考え、対応している行いは逆に環境悪化の原因となってしまい、髪と頭皮にダメージを蓄積させている可能性があります。
「汚れを落とす」事を必要以上に意識し、その結果、頭皮の常在菌や頭皮化の細胞を死滅させてしまっているかもしれません。
そもそも頭皮は刺激に弱く、刺激への対抗手段として頭皮がだんだんと厚く・硬くなり新毛が生えにくい環境になってしまいます。
薄毛・抜け毛の状態が改善しない場合、この肌の仕組みが原因と考えられます。
ルチアでは頭皮エステとして、独自のエステ技術「ミラクルクレンジング」を行っており、頭皮診断やカウンセリングによるサポートも対応しております。
頭皮環境の改善に興味がある方はぜひ一度ご確認ください。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
頭皮・頭髪の健康状態が損なわれているかもしれません、
日々の生活の中で髪の毛や頭皮に対するダメージが蓄積し、頭皮の環境が悪化してきている可能性があります。
髪の毛は本来人間の機能として自然に生えてくるものですが、誤ったシャンプーの方法や髪の毛に対する認識が、薄毛や抜け毛に繋がる原因になっているかもしれません。
髪の成長に必要んあ条件は「清潔で健康な頭皮からの皮膚呼吸」「丈夫な血管からの栄養補給」が整っていれば改善できます。
シャンプー剤の選択ミスや、間違った手入れによる肌トラブルを回避すれば、毛周期に合わせて髪の毛は健やかに発毛してきます。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
薄毛予防の為に「正しい育毛法」を知り、薄毛にならない為の知識を身に着けましょう。
現在の状況において髪の毛や頭皮へのダメージは少ないと予想できますが、誤った育毛法を続けてしまうことで、後々影響がでてきてしまう事も考えられます。
髪を生やすうえで必要となる条件はな何か?どういった行動が髪の毛に悪影響を及ぼし薄毛・抜け毛を招いてしまうのけ、正しい情報と知識から今ある髪の毛のケアに努めていきましょう。

FIN