薄毛に悩むアナタへ届ける脱毛改善法 髪が生える育毛メソッド

若年性による薄毛の特徴

近年は10~20代の若い世代でも薄毛で悩む人が増えています。これは若年性脱毛症とも呼ばれ、中年以降の薄毛である壮年性脱毛症とは区別されています。薄毛の代表的な存在でもあるAGA=男性型脱毛症も若年性脱毛症の一種で、従来は中年以降の症状と思われていましたが、若い世代でも油断できないというわけです。AGAの場合、M字型やU字型のように額の生え際が後退したりしますが、若年性脱毛症ではそれ以外にも円形脱毛症のように特定箇所が脱毛することもあるようです。

原因は主に以下の3つといわれています。その対策も合わせてご覧ください。
 

  • ストレス

    人間関係や将来不安などストレス要因が多い今の時代、若くてもそれが脱毛につながるケースは多々あります。過度なストレスは自律神経のバランスを乱して血流を悪化させることが原因。学校や職場を簡単に変えることはできなくても、運動や睡眠、趣味などリフレッシュできる時間を作ることが重要です。

  • 生活習慣

    栄養の偏った食事、栄養ドリンクの飲み過ぎ、睡眠不足に運動不足など、若い世代であっても中高年並みに不健康な生活をしているケースは多く、頭皮環境の悪化になりかねません。改善するには規則正しい生活を心掛けて、栄養バランスのよい食事を摂ること。

  • 病気

    糖尿病をはじめとする内臓系の疾患、免疫や甲状腺ホルモンに関する病気などは脱毛を引き起こすことがあります。この場合、早急に医療機関で治療をする必要があります。

気にしないで、髪の毛は抜けるもの

人間の毛髪は約10万本あるといわれています。これらはすべてある周期で生え替わっているので、いってみればフサフサの人でも薄毛の人でも毎日のように脱毛はしているものなのです。髪が生え替わるサイクルを毛周期といいますが、これには個人差があって5~10年程度のようです。

薄毛の心配をしている人だと、毎日のシャンプー時にたくさんの毛が抜ける!と感じているかもしれません。これは必ずしも髪を洗った時に抜けたわけではなく、日々生え替わる髪が、抜けた後に落ちていなかった分、洗髪時にまとめて目につくから多く感じるのです。シャンプー時に20~30本程度の抜け毛があることはさほど心配することもないでしょう。

頭皮は刺激に弱くデリケート

人間の肌には一種のバリヤー的機能があって、例えば化粧水などの有効成分は肌が欲している分、浸透・吸収されるような働きがあるわけです。これは頭皮も共通する働きではあるのですが、身体の他の部分に比べて頭皮は刺激などに弱いため、普段の頭皮ケアが逆に悪影響を及ぼすことがあります。

例えば、育毛剤や化粧品などには肌によくない成分を含むものもあり、これらを長期間使用し続けていると頭皮の肌荒れなどトラブルになりかねません。

髪を保護する重要な成分、それは「皮脂」

頭皮も含めて肌の手入れとしては表面の古くなった角質を落とす程度に留めるのが正しくて、皮脂には頭皮を保護する役目もあるもの。皮脂を取り去ってしまうと頭皮は刺激にさらされやすくなりますし、身体の反応としてはより多くの皮脂を分泌しようとしてしまいます。これがかえって負のサイクルとなり、頭皮環境を悪化させるわけです。

正しいシャンプー法を知るだけでも状況は改善する

シャンプーの目的は髪や頭皮にダメージを与えず、汚れをちゃんと落とすこと。品質のよいシャンプーを選んで、指の腹で頭皮を大きく擦るような動作で表面の汚れを落とすこと。爪を立てたりブラシを使ったり、必要以上に洗い過ぎたりしないように注意しましょう。

洗髪後はコンディショナーを使うこと。これによって髪の保護だけでなく、頭皮の余分な皮脂分泌を抑えることにもなります。

       
監修者髪と肌の研究者 : 東田雪子さんの紹介
ノヴェルモイシャンプーシリーズノヴェルモイシャンプーシリーズ
気になる薄毛の原因は間違った育毛知識?
あなたに合った育毛診断テスト

頭皮のマッサージを意識して
シッカリと髪の毛を洗っている

1 / 5

頭皮の痒みやフケが気になる

2 / 5

髪の毛は薄いのになぜか体毛は濃い

2 / 5

頭皮のケアを意識して育毛剤や
洗浄力のあるシャンプーを利用している

3 / 5

パーマや毛染め、脱色などを行っている

3 / 5

日々の生活で帽子やヘルメットを
被り、よく汗をかく

3 / 5

健康を意識して、サプリメントや
健康食品を常用している

4 / 5

日々の生活にストレスを
感じている

4 / 5

髪に良いとされる育毛法は
とにかく試す様にしている

4 / 5

綺麗に洗っても頭皮の
べたつきや皮脂が気になる

5 / 5

育毛を意識して、機械療法を
定期的に試している

5 / 5

髪を洗う時、指やブラシなどで
頭皮をしげきするようにシャンプーしている

5 / 5

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
育毛に関する正しい知識と一度サロンでの詳しい診断をお勧めします。
あなたが頭皮の環境を整えるために良しと考え、対応している行いは逆に環境悪化の原因となってしまい、髪と頭皮にダメージを蓄積させている可能性があります。
「汚れを落とす」事を必要以上に意識し、その結果、頭皮の常在菌や頭皮化の細胞を死滅させてしまっているかもしれません。
そもそも頭皮は刺激に弱く、刺激への対抗手段として頭皮がだんだんと厚く・硬くなり新毛が生えにくい環境になってしまいます。
薄毛・抜け毛の状態が改善しない場合、この肌の仕組みが原因と考えられます。
ルチアでは頭皮エステとして、独自のエステ技術「ミラクルクレンジング」を行っており、頭皮診断やカウンセリングによるサポートも対応しております。
頭皮環境の改善に興味がある方はぜひ一度ご確認ください。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
頭皮・頭髪の健康状態が損なわれているかもしれません、
日々の生活の中で髪の毛や頭皮に対するダメージが蓄積し、頭皮の環境が悪化してきている可能性があります。
髪の毛は本来人間の機能として自然に生えてくるものですが、誤ったシャンプーの方法や髪の毛に対する認識が、薄毛や抜け毛に繋がる原因になっているかもしれません。
髪の成長に必要んあ条件は「清潔で健康な頭皮からの皮膚呼吸」「丈夫な血管からの栄養補給」が整っていれば改善できます。
シャンプー剤の選択ミスや、間違った手入れによる肌トラブルを回避すれば、毛周期に合わせて髪の毛は健やかに発毛してきます。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
薄毛予防の為に「正しい育毛法」を知り、薄毛にならない為の知識を身に着けましょう。
現在の状況において髪の毛や頭皮へのダメージは少ないと予想できますが、誤った育毛法を続けてしまうことで、後々影響がでてきてしまう事も考えられます。
髪を生やすうえで必要となる条件はな何か?どういった行動が髪の毛に悪影響を及ぼし薄毛・抜け毛を招いてしまうのけ、正しい情報と知識から今ある髪の毛のケアに努めていきましょう。

FIN