薄毛に悩むアナタへ届ける脱毛改善法 髪が生える育毛メソッド

女性の薄毛の多くは、更年期の女性、または若い世代に起こる傾向があります。更年期に入ると、女性はエストロゲン(女性ホルモンの一種)の分泌量が急激に減少。エストロゲンは髪の毛の成長に深く関与しているホルモンなので、更年期には薄毛に悩む女性が急増します。

若い女性においては、食習慣を始めとした生活習慣の乱れが薄毛の原因になっていることがあります。無理な生活習慣を改める必要があるでしょう。更年期、または若い女性における薄毛の原因について、以下、体験談をもとにしながら詳しく見ていきましょう。

体型を気にして
無理なダイエットが影響

女性にとって毛髪の健全な成長を促進するために重要な役割を担っているのがエストロゲンという女性ホルモンです。無理なダイエットをしていると、女性ホルモンのバランスが悪くなって、毛髪の成長にも支障をきたすわけです。加えて、毛髪も身体の一部ですから、栄養不足や偏った食事も髪への栄養が十分に供給されず、抜け毛の要因となります。

こうした不健康な状態が日常化してしまうと、肉体だけでなく精神的にもダメージとなり、ストレスが溜まれば自律神経が安定せず、頭皮の血流も悪くなって薄毛がより進行する──そんな負のスパイラルに陥ってしまうでしょう。

やせてキレイになりたい!というのが本来ダイエットするモチベーションのはずが、薄毛になってしまっては本末転倒です。

髪に対するお洒落は薄毛との駆け引き

女性だとカラーリングやパーマなどをまったくしたことがないという方が珍しいかもしれませんが、ヘアカラー剤やパーマ液などはけして毛髪や頭皮にとってよいものではないことを理解しているでしょうか。もちろん、頻度などにもよりますし、カラーリングやパーマをし過ぎると枝毛や切れ毛になるというイメージはあるかもしれませんが、頭皮にまでダメージを及ぼしていることは見落としがち。ましてや、それが引き金となって薄毛になってしまうとは、多くの女性が想像もしていないでしょう。カラーリングやパーマは2ヶ月以下の頻度ではしないようにするのが賢明です。

似たような意味でヘアスタイリング剤も要注意。頭皮に負担となる成分が含まれていることもありますし、シャンプーでしっかり洗い流しておかないと毛穴詰まりの原因となることもあります。余分なものを毛髪や頭皮に付けていなければ、本来シャンプーは自然な汚れを落とすだけで済むところ、より強い洗浄力を行使してしまうと、今度は必要な皮脂まで落としてしまったりと、頭皮環境を整えるのが難しくなるわけです。

化学薬品による頭皮への悪影響

人間の毛髪からは毒素なども含めて体内の老廃物が排出されていることは知っていますか?薬物検査で毛髪を調べたりしますが、あれは摂取した薬物の成分が、血管を通って毛髪に届くのをチェックするわけです。人間は水分や食事を摂ると、必要な栄養を体内で使って、それ以外を汗や大小便などによって排出します。ところが、過剰に栄養摂取していたりすると、排出しきれなかった分が頭皮に集まってしまうのです。これがどんどん蓄積していくと、頭皮下にある毛母細胞の働きを阻害して、薄毛のリスクになるわけです。

ここでは「薬害」という言い方をしますが、医療機関で処方される「薬」の副作用だけでなく、誰もが手軽に入手できるサプリメントや健康食品も注意が必要。成分を凝縮していたり、特定の栄養素の過剰摂取につながりやすいことから、これも一種の「薬害」といえるでしょう。

健康目的でサプリメントや健康食品を摂取することが、かえって薄毛を引き起こすパターンで、近年女性に多く見られるようです。

40・50代女性の薄毛の悩み

40代、50代の女性における薄毛の悩みをご紹介します。体験談を参考に、それぞれの方の薄毛の原因について考えてみましょう。

お悩み1:「頭頂部の薄毛に悩んでいます」(40歳女性)

40歳女性です。もともと髪が細く少ないほうだったのですが、4年前の出産を機に、ますます髪のボリュームが減ってしまいました。最近では、頭頂部が白くなるくらい髪が薄くなっています。症状から見て、円形脱毛症ではありません。
私は普段から食が細いほうなので、その影響で薄毛が進んでいるのでしょうか?ただ、私に不足していると思われる栄養素をサプリメントで補ってみても、髪が改善する兆候はまったく見られません。 このまま行ったら数年後にはかなりの薄毛になっていると思うので、早めに専門家に診てもらおうかと思っています。

考えられる原因

出産を機に脱毛が起こることは珍しくありませんが、出産から4年も経っているのであれば、もう分娩後脱毛症の影響はないでしょう。円形脱毛症ではないとのことなので、考えられる原因は3つに絞られます。

1つめは、エストロゲンの分泌量の低下。まだ閉経には遠い年齢ではありますが、40歳であれば、閉経に向けて徐々にエストロゲンの分泌量が減り始める時期です。現在の薄毛の原因の一つかも知れません。

2つめが、栄養バランスの悪さ。栄養素の吸収率を考えると、サプリメントではなく食事から栄養を摂取することが望まれます。

3つめが、甲状腺機能低下。中年女性に多く見られる症状です。採血だけで診断できる病気なので、一度病院で調べてもらったほうが良いかも知れません。

お悩み2:「父からの遺伝?薄毛で悩んでいます」(46歳女性)

46歳女性です。頭頂部を始め、髪の全体にボリューム感がありません。というよりも、ほとんど薄毛と言ってもいいくらいです。父が完全なハゲなのですが、その遺伝なのでしょうか?
今までさまざまな育毛剤や育毛シャンプーを使ってみたり、頭皮マッサージに行ってみたり、食事内容の改善を図ったりしてみたのですが、どれも私には効果がありませんでした。 もはや打つ手はウィッグしかないと思っているのですが、仕事が教師なものですから、急にウィッグを着けて生徒たちに違和感を与えてしまうのが心配です。

考えられる原因

お父様が薄毛体質とのことですが、男性の薄毛の大半はAGAと言われる男性ホルモンを原因とする薄毛です。女性の体内でも僅かに男性ホルモンが分泌されていますが、薄毛にいたるほどの量は分泌されていません。よって、お父様からの遺伝による薄毛ではないと考えます。

育毛シャンプーを使用したり、食事内容を工夫したりしても薄毛が改善できなかったということは、次の2つが薄毛の原因として考えられるかも知れません。

1つめが、閉経に向けた女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量の低下。46歳という年齢を考えれば、体は閉経に向けて急変している可能性があります。閉経に関連するエストロゲンの減少は、女性にもっとも多く見られる薄毛の原因です。

2つめが、甲状腺ホルモンの分泌量の低下。中年女性に多く見られる症状なので、一度、専門の医療機関を受診したほうが良いかも知れません。 エストロゲンの減少と甲状腺ホルモンの減少が同時に発生している可能性もあります。

若い女性の薄毛の悩み

次に、20代、30代などの若い女性における薄毛の体験談をご紹介します。それぞれの方の薄毛の原因も考えてみましょう。

お悩み1:「地肌が見えるほど薄毛が進んでいます」(21歳女性)

21歳女性です。まだ年齢的には若いのに、薄毛がひどくて悩んでいます。ボリュームが減ってきただけではなく、最近では地肌まで見えてきました。 育毛剤も買って試したことがあるのですが、効果はぜんぜんなかったようです。
気分が落ち込んでしまい、友達から海やプールに誘われても断っている状況です。ストレスも強くなってきたので、もっと抜け毛が進行するかも知れません。いま夏休み中なので、皮膚科などの専門家に診てもらおうと考えているのですが、本当に治るのかどうか不安です。

考えられる原因

女性にもっとも多く見られる薄毛は、閉経に向けた女性ホルモンのバランスの変化。ところが相談者さんの場合はまだ21歳という年齢なので、別の理由による薄毛でしょう。

甲状腺機能低下による脱毛症も、多くの場合は中年女性に見られる症状なので、相談者さんの薄毛の原因ではないと考えられます。

出産後に著しい脱毛症状を見ることもありますが、「夏休み」ということなので、未婚の女性でしょう。症状の特徴を見るに、円形脱毛症やトリコチロマニアでもありません。

恐らく原因は、若い女性にありがちなダイエット、または栄養バランスのかたよりではないかと考えられます。ダイエットによる栄養不足や、ダイエットからクス精神的ストレスが薄毛を招いているのではないでしょうか?

お悩み2:「つむじの横に大きなハゲ地帯があります」(21歳女性)

全体的には普通の髪なのですが、つむじの少し横のあたりに、大きなハゲがあります。その部分だけが、ほぼ完全に髪がない状態です。
水商売ではありませんが、夕方から始まって深夜に終わる仕事をしています。食生活を始めとした生活習慣全般が乱れていることは、十分に自覚しています。
ただ仕事でもプライベートでも、そんなにストレスを感じているわけではないので、円形脱毛症ではないと思います。生理もちゃんと来てるので、体は健康だと思うのですが… 住んでいる場所が田舎なので、薄毛専門のお店がなくて困っています。

考えられる原因

全体的には普通の髪でありながら、一部に完全なハゲが生じているならば、最初に考えられる原因は円形脱毛症です。ご本人は「ストレスがないので円形脱毛症ではない」とおっしゃっていますが、円形脱毛症の原因はストレスではなく自己免疫疾患です。

ストレスがきっかけで発症することもありますが、ウイルスや生活習慣がきっかけで発症することもあります。

また、生活習慣の乱れを十分に自覚しているとのことなので、こちらも薄毛の大きな原因として考えられます。睡眠不足などによって自律神経のバランスが崩れると、抜け毛・薄毛が進行することがあるので注意が必要です。

分娩後脱毛症(出産後脱毛症)

分娩後脱毛症(出産後脱毛症)とは、出産を終えた直後から始まる女性の脱毛症のこと。出産から1~2ヶ月後をピークに、通常は半年ほど、長ければ1年ほど脱毛症状が続きます。

ブラッシングをした際にブラシにたくさんの毛が付いていたり、洗髪の際に髪の毛が多く抜け落ちたりなど、それまでに経験したことのないような著しい量の抜け毛を見てしまうため、多くの女性は、大なり小なりショックを受けるようです。

分娩後脱毛症の原因

分娩後脱毛症の原因は、出産後における女性ホルモンの分泌量の急変です。

女性ホルモンには、大きく分けて「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類がありますが、妊娠中、これらの女性ホルモンは普段よりも大量に分泌されています。ともに髪の毛の成長にも影響を与えるホルモンなので、妊娠中の女性の髪の毛の量は増え、かつツヤも生まれます。

ところが出産後は、両ホルモンともに、その分泌量が急激に減少。その結果、髪の毛の成長に悪影響を与え、急激な脱毛症状を引き起こします。

また、子育てにおけるストレスや睡眠不足が自律神経のバランスを乱して分娩後脱毛症を加速させる、との見方もあります。

※参照:ウィメンズヘルスクリニック東京「産後の女性に特有の「分娩後脱毛症」って何?」
https://www.womenshealth-tokyo.com/column/postpartum_alopecia

甲状腺機能低下症の原因

甲状腺機能低下症とは、甲状腺の慢性的な炎症等が原因で甲状腺ホルモンの分泌量が低下すること。甲状腺機能低下症を発症することで、全身のだるさやむくみ、脱毛などが生じることが知られています。

なお、脱毛が起こるほどの甲状腺機能低下を生じた場合、脱毛以外の身体症状も見られることが一般的。よって脱毛しか見られない場合には、甲状腺機能低下症とは異なる脱毛原因が隠れている、と考えます。主に中年女性に多く見られる症状です。

甲状腺機能低下症の原因

甲状腺機能低下症は、甲状腺ホルモンの分泌量が低下する病気の総称。甲状腺ホルモンの分泌量が低下する主な原因は、橋本病です。

橋本病とは、甲状腺が硬くなって腫大し甲状腺ホルモンの分泌量が低下する病気。自己免疫疾患の一つであることが分かっています。

※参照:岡本甲状腺クリニック「Q8 最近薄毛が気になります。甲状腺機能低下症と関係があると聞きましたが本当ですか?」
http://www.thyroid.jp/solving/q8

※参照:逗子金沢内科クリニック「甲状腺ホルモン値は正常、甲状腺刺激ホルモン(TSH)が高値と診断されたら」
https://kmc-zushi.com/column/甲状腺ホルモン値は正常、甲状腺刺激ホルモンtsh/

トリコチロマニア

トリコチロマニアとは、自分で自分の体毛を抜いてしまう症状のこと。頭髪を始め、眉毛やまつ毛、陰毛など、人によりさまざまな部位の毛を自分で抜いてしまう症状です。

かつては子供や思春期の女性に多く見られる症状とされていましたが、近年では成人男性にも多く見られるようになりました。

トリコチロマニアの原因

米国精神医学会では、トリコチロマニアを「強迫性障害」の一つに分類しています。無意識で爪を噛んだり唇を噛んだりする行為と同じ分類です。

「強迫性障害」は、不安やストレスが長く続いている人や、トラウマを有している人に見られることがある病気。自傷行為とは異なり、不安やストレスによって生じる感情を制御するために生じるのが「強迫性障害」です。

※参照:心療内科・精神科 とよだクリニック「抜毛症(トリコチロマニア)とは」
https://www.toyoda-clinic.jp/disorders/trichotillomania/

円形脱毛症の原因

円形脱毛症の原因は、自己免疫疾患と言われています。人間の体内には、細菌やウイルスから体を防御する免疫機能が備わっていますが、何らかのきっかけによりこの免疫機能が髪の毛を「異物」と誤認し、攻撃を加えてしまった状態が円形脱毛症です。

免疫機能が髪の毛を「異物」と誤認してしまうきっかけとして、以下のようなものが指摘されています。

円形脱毛症の原因

米国精神医学会では、トリコチロマニアを「強迫性障害」の一つに分類しています。無意識で爪を噛んだり唇を噛んだりする行為と同じ分類です。

「強迫性障害」は、不安やストレスが長く続いている人や、トラウマを有している人に見られることがある病気。自傷行為とは異なり、不安やストレスによって生じる感情を制御するために生じるのが「強迫性障害」です。

  • ・精神的ストレス
  • ・ウイルス感染
  • ・薬剤アレルギー
  • ・頭皮の疾患
  • ・疲労、ほか

かつて、円形脱毛症の原因は精神的ストレスと考えられていましたが、原因は自己免疫疾患。自己免疫機能が異常な作動を起こす「引き金」の一つに精神的ストレスもある、という位置づけです。

なお近年、円形脱毛症には遺伝的な要素があることも指摘されています。

※参照:[注4]東京スカルプクリニック「円形脱毛症とは」
https://scalp-clinic.tokyo/aga-info/usuge-man/article_002.php#03

日常生活の見直しは薄毛にならないための第一歩

睡眠

睡眠は生命活動を維持するうえでの大前提。睡眠不足がさまざまな体調不良の原因になることは、説明するまでもないでしょう。髪や頭皮も体の一部である以上、睡眠不足によって健全な成長が妨げられます。髪の健康を維持するうえでも、十分な睡眠は欠かせない要素と言えるでしょう。

夜の22:00から2:00に髪は成長する

髪の成長を促しているのは、成長ホルモンと呼ばれる物質。成長ホルモンは、終日体内で分泌されているものですが、特に多く分泌される時間帯が、夜の22:00~2:00と言われています。なおかつ、成長ホルモンは眠っているときに多く分泌されるため、髪の成長のためには「22:00~2:00の4時間は眠っている」という睡眠スタイルが理想です。

しかしながら現代人の大半は、22:00に眠りに就くことが困難かも知れません。そうとは言え、睡眠を理由に薄毛を招くことは避けたいものです。現実的な睡眠スタイルとして、日付が変わるまでには眠る、という習慣付けをしてみてください。スマホなどで夜更かしをすることは、髪のためにも厳禁です。

食事

たとえが適切ではありませんが、何日も漂流して餓死した方に急激な薄毛が生じていた、という例を聞いたことがありません。すなわち医学的には、栄養不足と薄毛との関連を決定的に結び付ける証拠がない、と言えるかも知れません。

しかしながら理論的には、髪はタンパク質から作られるもの。たとえ餓死した方の髪が残っていたとしても、タンパク質の不足により、髪がかなり弱っている可能性はあります。現に、栄養不足や栄養の偏重は、薄毛とは言わないまでも、抜け毛の原因になるとは考えられています。

健康的な髪を維持していくために、日ごろから食事内容に注意するに越したことはないでしょう。

髪の健康に重要な成分

髪の健康のために第一に必要な成分は、タンパク質です。大豆や魚など、植物性タンパク質と動物性タンパク質をバランス良く摂るようにしてください。

ミネラル類も髪の健全な成長には重要な成分。特に亜鉛は、タンパク質の代謝に大事な役割を果たすミネラルです。亜鉛は、レバー、大豆、牡蠣などに豊富に含まれています。

また、ビタミンB群には髪の細胞の再生をスムーズする働きがあると言われています。ビタミンB群を多く含む食材は豚肉、レバー、サンマ、あさり、ほうれん草など。日ごろから積極的に摂るようにしてください。

和食を中心に摂ることがおすすめ

栄養素の側面からメニューを考えると、頭が混乱してしまいます。そこでおすすめなのが和食。上で挙げた栄養素は、和食の食材にバランスよく含まれているものだということに、お気づきでしょうか?

魚、納豆、野菜など、伝統的かつ典型的な和食が、きっと髪の健康を長期的にサポートしてくれることでしょう。

体重管理

先に触れたとおり、栄養の多寡は薄毛に甚大な影響を及ぼす要素ではありませんが、そうとは言え、極端な栄養過多や、極端な栄養不足、また運動不足などは、やがて髪の生育に影響を及ぼさないとは限りません。

栄養過多になると…?

栄養過多、つまり食べ過ぎになると、余分な脂肪が血液中に蓄積されてしまいます。その結果、血流が徐々に悪くなり、やがて髪の成長に必要な酸素や栄養素が頭皮に運ばれにくくなります。

メタボの男性には薄毛が多いような印象もありますが、これは、かならずしも都市伝説とは言えない現象です。

栄養不足になると…?

ダイエット等を目的に、極端に食事量を減らしてしまう人がいます。食事量の減少が薄毛に直結するわけではありませんが、極端な栄養不足に陥ると、髪の健全な成育に悪影響を及ぼす恐れがあるので注意してください。

体に取り込まれた栄養素は、生命維持に必要となる重要な組織から優先的に使われる傾向があります。よって、ダイエット中に摂ったわずかな栄養素は、心臓や脳などの重要な組織に先に回されて、頭皮にはごくわずかしか回されない恐れがあります。

運動不足になると…?

髪の健康的な成長のためには、良好な血行を維持することが大事。なぜなら、髪の成長に必要な酸素や栄養素は、血液によって運ばれるからです。

しかしながら運動不足になると、全身の血行は悪化。その結果、髪に必要な酸素等が運ばれにくくなり、薄毛の一因となることがあります。 適度な食事とともに、適度な運動で適正な体重を維持しましょう。

カラーやパーマは頻度に注意

カラーやパーマが長期的に髪にダメージを与えることは、どんな方でも想像ができるでしょう。どうしてもパーマやカラーで髪のオシャレを楽しみたいという方は、髪や頭皮の健康のために、その頻度に気を付けるようにしましょう。

パーマによる影響

髪の表面のキューティクルを剥がし、内部の繊維を切断してから再結合させるのがパーマ。個人差はありますが、長期的には髪のダメージが加わります。禁忌ではありませんが、頻度に注意してください。

ヘアカラーによる影響

1~2ヶ月ほど色持ちする永久染毛剤は、髪へのダメージが大きいとされています。アルカリ性のヘアカラーは特にダメージが大きいため、なるべくなら避けたいところです。白髪染めもヘアカラーの一種です。

ヘアマニュキュアによる影響

ヘアカラーほど色持ちはしないものの、髪へのダメージがやや緩和されるのがヘアマニュキュア。一時的な染毛でも良いならば、ヘアカラーよりもヘアマニにキュアを使うべきでしょう。

ブリーチによる影響

髪のメラニン色素を脱色するのがブリーチ。経験がある方も多いと思いますが、ブリーチの後には枝毛や切れ毛が多く生じることがあります。髪や頭皮へのダメージはかなり強いと考えてください。

       
監修者髪と肌の研究者 : 東田雪子さんの紹介
ノヴェルモイシャンプーシリーズノヴェルモイシャンプーシリーズ
気になる薄毛の原因は間違った育毛知識?
あなたに合った育毛診断テスト

頭皮のマッサージを意識して
シッカリと髪の毛を洗っている

1 / 5

頭皮の痒みやフケが気になる

2 / 5

髪の毛は薄いのになぜか体毛は濃い

2 / 5

頭皮のケアを意識して育毛剤や
洗浄力のあるシャンプーを利用している

3 / 5

パーマや毛染め、脱色などを行っている

3 / 5

日々の生活で帽子やヘルメットを
被り、よく汗をかく

3 / 5

健康を意識して、サプリメントや
健康食品を常用している

4 / 5

日々の生活にストレスを
感じている

4 / 5

髪に良いとされる育毛法は
とにかく試す様にしている

4 / 5

綺麗に洗っても頭皮の
べたつきや皮脂が気になる

5 / 5

育毛を意識して、機械療法を
定期的に試している

5 / 5

髪を洗う時、指やブラシなどで
頭皮をしげきするようにシャンプーしている

5 / 5

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
育毛に関する正しい知識と一度サロンでの詳しい診断をお勧めします。
あなたが頭皮の環境を整えるために良しと考え、対応している行いは逆に環境悪化の原因となってしまい、髪と頭皮にダメージを蓄積させている可能性があります。
「汚れを落とす」事を必要以上に意識し、その結果、頭皮の常在菌や頭皮化の細胞を死滅させてしまっているかもしれません。
そもそも頭皮は刺激に弱く、刺激への対抗手段として頭皮がだんだんと厚く・硬くなり新毛が生えにくい環境になってしまいます。
薄毛・抜け毛の状態が改善しない場合、この肌の仕組みが原因と考えられます。
ルチアでは頭皮エステとして、独自のエステ技術「ミラクルクレンジング」を行っており、頭皮診断やカウンセリングによるサポートも対応しております。
頭皮環境の改善に興味がある方はぜひ一度ご確認ください。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
頭皮・頭髪の健康状態が損なわれているかもしれません、
日々の生活の中で髪の毛や頭皮に対するダメージが蓄積し、頭皮の環境が悪化してきている可能性があります。
髪の毛は本来人間の機能として自然に生えてくるものですが、誤ったシャンプーの方法や髪の毛に対する認識が、薄毛や抜け毛に繋がる原因になっているかもしれません。
髪の成長に必要んあ条件は「清潔で健康な頭皮からの皮膚呼吸」「丈夫な血管からの栄養補給」が整っていれば改善できます。
シャンプー剤の選択ミスや、間違った手入れによる肌トラブルを回避すれば、毛周期に合わせて髪の毛は健やかに発毛してきます。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
薄毛予防の為に「正しい育毛法」を知り、薄毛にならない為の知識を身に着けましょう。
現在の状況において髪の毛や頭皮へのダメージは少ないと予想できますが、誤った育毛法を続けてしまうことで、後々影響がでてきてしまう事も考えられます。
髪を生やすうえで必要となる条件はな何か?どういった行動が髪の毛に悪影響を及ぼし薄毛・抜け毛を招いてしまうのけ、正しい情報と知識から今ある髪の毛のケアに努めていきましょう。

FIN