薄毛に悩むアナタへ届ける脱毛改善法 髪が生える育毛メソッド

育毛サプリや
飲む育毛剤は
効果があるの?

(30 代男性)

30歳を過ぎてからは以前と比べて体力の衰えを感じたり、髪もハリがなくなりシャンプー時の抜け毛が気にかかる今日この頃。一方、仕事は多忙で生活は不規則、髪だけでなくメタボの心配もしなくてはいけません。

そんな日々を過ごしているため、多少なりともよさそうな育毛サプリや飲む育毛剤を購入して対策としているのですが、どの程度の効果が期待できるでしょうか?もちろん、個人差があるのは理解していますが、1年ほど続けているのにあまりよい実感が得られていません。

抜け毛は特定成分に対する拒否反応で飲み続けると害になります

昔から「百薬の長」とうたわれるお酒も、飲み続けると害になります。同様に私たちの身体は特定な成分をとり続けると拒否反応が現れます。
抜け毛は、特定成分に対する初期段階の拒否反応といえます。育毛サプリや、飲む育毛剤を飲み続けると、同様の現象が現れます。
また、育毛効果が高い食品とそうでない食品があると思われがちですが、あまり関係がありませんし、毛量と性ホルモンに因果関係はありません。

育毛剤を使用することによる副作用

育毛剤の副作用

服用する育毛剤にもいろいろ種類はありますが、ここでは代表的なものである男性ホルモンを抑制する育毛剤について考察してみましょう。

こうした育毛剤は継続して飲むことで有効成分が男性ホルモンの分泌を抑制します。では、男性ホルモンが毛髪の育成を阻害しているのかというと、これには少々疑義があります。

一般的には男性ホルモンの分泌量が増えるのは10代後半から20代といわれています。確かに、ヒゲや体毛が濃くなるなど男性ホルモンの影響によって大人の男性に変化していくのは確かでしょうが、男性ホルモンがそれほど薄毛を促進するのだとすれば、多くの男性が10代後半から20代にかけてハゲてしまうことになります。実際にはそれが一般的な傾向とはいえず、むしろ普通はもっと年齢を重ねてから薄毛になっていくもの。つまり、男性ホルモンを抑制する育毛剤を飲んだからといって、薄毛対策になるとも言い切れないわけです。

それどころか、男性ホルモンを抑制することは副作用のリスクがあります。わかりやすいのが性欲減退や勃起不全、精子が減るといった男性機能への影響。他にもうつや肝機能障害、頭皮の乱れなど多岐にわたります。

育毛剤の使用は肌にトラブルがおきてから

育毛剤トラブル

育毛剤は有効成分を含む薬であって、もし使うとしても明確な頭皮トラブルがあったり、老化によって毛母細胞の衰えが見られるのであれば、意味があります。ところが、この男性のように30代で育毛剤に頼ってしまうのは必ずしもおすすめできません。

若いのに薄毛で悩んでいるという場合、頭皮環境を悪化させているのは日常的なケアが間違っているケースが少なくありません。シャンプーなどのヘアケア製品が本人に合っていないとか、間違った洗髪や手入れによってかえって頭皮を傷めていたりすることで、発毛を阻害している可能性があります。日常的なケアとは特別なものではなく、髪と頭皮の汚れを落とすのが基本であって、必要以上に皮脂を落としてしまうと皮脂の過剰分泌を起こして発毛に悪影響を及ぼします。また、過度なケアとしては、頭皮を傷つけるほどかいたり擦ったりすると、かえって頭皮が硬く厚くなり、血流が悪化して思うように発毛しなくなります。

育毛剤を使う場合、医療機関の診断を受けた上で、トラブルに応じて処方された薬剤を適量使うのが条件。自分の判断で、若いうちから市販の育毛剤を使う必然性はないのです。

       
監修者髪と肌の研究者 : 東田雪子さんの紹介
ノヴェルモイシャンプーシリーズノヴェルモイシャンプーシリーズ
気になる薄毛の原因は間違った育毛知識?
あなたに合った育毛診断テスト

頭皮のマッサージを意識して
シッカリと髪の毛を洗っている

1 / 5

頭皮の痒みやフケが気になる

2 / 5

髪の毛は薄いのになぜか体毛は濃い

2 / 5

頭皮のケアを意識して育毛剤や
洗浄力のあるシャンプーを利用している

3 / 5

パーマや毛染め、脱色などを行っている

3 / 5

日々の生活で帽子やヘルメットを
被り、よく汗をかく

3 / 5

健康を意識して、サプリメントや
健康食品を常用している

4 / 5

日々の生活にストレスを
感じている

4 / 5

髪に良いとされる育毛法は
とにかく試す様にしている

4 / 5

綺麗に洗っても頭皮の
べたつきや皮脂が気になる

5 / 5

育毛を意識して、機械療法を
定期的に試している

5 / 5

髪を洗う時、指やブラシなどで
頭皮をしげきするようにシャンプーしている

5 / 5

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
育毛に関する正しい知識と一度サロンでの詳しい診断をお勧めします。
あなたが頭皮の環境を整えるために良しと考え、対応している行いは逆に環境悪化の原因となってしまい、髪と頭皮にダメージを蓄積させている可能性があります。
「汚れを落とす」事を必要以上に意識し、その結果、頭皮の常在菌や頭皮化の細胞を死滅させてしまっているかもしれません。
そもそも頭皮は刺激に弱く、刺激への対抗手段として頭皮がだんだんと厚く・硬くなり新毛が生えにくい環境になってしまいます。
薄毛・抜け毛の状態が改善しない場合、この肌の仕組みが原因と考えられます。
ルチアでは頭皮エステとして、独自のエステ技術「ミラクルクレンジング」を行っており、頭皮診断やカウンセリングによるサポートも対応しております。
頭皮環境の改善に興味がある方はぜひ一度ご確認ください。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
頭皮・頭髪の健康状態が損なわれているかもしれません、
日々の生活の中で髪の毛や頭皮に対するダメージが蓄積し、頭皮の環境が悪化してきている可能性があります。
髪の毛は本来人間の機能として自然に生えてくるものですが、誤ったシャンプーの方法や髪の毛に対する認識が、薄毛や抜け毛に繋がる原因になっているかもしれません。
髪の成長に必要んあ条件は「清潔で健康な頭皮からの皮膚呼吸」「丈夫な血管からの栄養補給」が整っていれば改善できます。
シャンプー剤の選択ミスや、間違った手入れによる肌トラブルを回避すれば、毛周期に合わせて髪の毛は健やかに発毛してきます。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
薄毛予防の為に「正しい育毛法」を知り、薄毛にならない為の知識を身に着けましょう。
現在の状況において髪の毛や頭皮へのダメージは少ないと予想できますが、誤った育毛法を続けてしまうことで、後々影響がでてきてしまう事も考えられます。
髪を生やすうえで必要となる条件はな何か?どういった行動が髪の毛に悪影響を及ぼし薄毛・抜け毛を招いてしまうのけ、正しい情報と知識から今ある髪の毛のケアに努めていきましょう。

FIN