薄毛に悩むアナタへ届ける脱毛改善法 髪が生える育毛メソッド

飲酒・喫煙は
脱毛症を招く?

(20 代男性)

今ドキの20代では珍しいのかもしれませんが、自分はたばこを吸う喫煙者ですし、飲み会も好きで行けば1軒で帰ることはないほど、けっこうな量を飲んでしまいます。特にたばこは居酒屋などを除けば気軽に吸える場所も減っているので、飲みに行った時ほどたばこの量も増えてしまう始末。

もちろん、暴飲暴食や喫煙が身体に悪いことはわかりますし、生活習慣病のリスクがあることもわかっています。その一方で、飲酒や喫煙がハゲと関係があるのか気になっています。もし、何らかの関係があるのだとしたら、その仕組みを教えてください。

私が知る範囲では飲酒、喫煙と薄毛に因果関係はないんです

私の父は大酒飲みのヘビースモーカーでした。
毎日目覚めると同時に「気付けの一杯」と称してコップ一杯の日本酒を冷で飲み干すのが習慣で、友人たちと飲む場合は一升酒が当たり前で、一人で一升瓶2本を空けたこともあるそうです。
また、大変なスモーカーで、父の指はたばこのヤニで黄色く変色していたほどです。
そんな父は72歳で他界しましたが、白髪まじりの毛髪は豊かでした。
反対に私の身近な男性で、酒もたばこものまないのに、髪が薄い方がいます。
このように私の周囲の方たちに限っていえば、飲酒、喫煙と薄毛に因果関係はありません。
一般にタバコも酒ものまなくても薄毛になる方はいますし、大酒飲みであっても髪が豊かな方もいらっしゃいます。

飲酒・喫煙のまことしやかな噂

飲酒・喫煙

過度な飲酒が身体に悪いことは自明の理。飲み過ぎれば体調を損ねますし、過度な飲酒を続けていればやがてアルコール依存症や肝臓の疾患など患ってしまうことが危惧されます。とはいえ、アルコール摂取が毛根を弱らせるとか抜け毛を促進するかというと、必ずしも直接的な関係があるとは言い切れません。アルコール依存症の患者がみんなハゲているわけでもなければ、下戸の人はハゲにくいというデータがあるわけでもありません。

同様に、喫煙するとニコチンやタールによって毛根が弱くなるというのも眉唾物。もしそうだとするならば、かつて成人男性の喫煙率が80%を超えていた昭和40年代前半など、日本人男性の大半がハゲになっていたはず。たばこが有害であることは広く知られていますし、今の時代に喫煙をおすすめするという話しではないのですが、喫煙者が禁煙すれば薄毛を回避できるということでもないのです。

育毛剤メーカーや育毛サロンの中には、相談者に対して禁酒・禁煙を強く啓蒙するケースもあるようです。自分で節制の必要性を感じるなら止めればいいし、育毛という点では我慢が過度なストレスになるなら、無理することもないでしょう。

ストレスと脱毛

ストレスによる薄毛

ストレスによって脱毛するというのは確かで、円形脱毛症は急激なストレスによって交換神経が血管を収縮してしまうことで頭皮環境が悪化して、だいたい1~2ヶ月後に毛が抜けてしまうのです。頭皮には無数の毛細血管があり、髪の成長に必要な栄養を届けているので、ストレスで血流が悪くなると毛母細胞が栄養不足状態になるというわけです。

円形脱毛症は急性脱毛症のひとつで、ストレス要因が解消されると自然に髪が生えてきますが、ストレスが慢性化してしまうと脱毛が進んで薄毛状態が定着してしまいます。育毛剤には血管を拡張させたり刺激を与えることで頭皮の血流を改善するものがありますが、一時的な作用ではなく、栄養がきちんと行き届く製品を選ぶこと。

現代社会はストレスが避けられない面もあり、それが薄毛の原因になっている人も相当数いるでしょう。とはいえ、歴史の中では身分制度があった時代や食糧難の時代もあったわけで、今現在の社会が特別にストレス過剰だともいえないでしょう。

       
監修者髪と肌の研究者 : 東田雪子さんの紹介
ノヴェルモイシャンプーシリーズノヴェルモイシャンプーシリーズ
気になる薄毛の原因は間違った育毛知識?
あなたに合った育毛診断テスト

頭皮のマッサージを意識して
シッカリと髪の毛を洗っている

1 / 5

頭皮の痒みやフケが気になる

2 / 5

髪の毛は薄いのになぜか体毛は濃い

2 / 5

頭皮のケアを意識して育毛剤や
洗浄力のあるシャンプーを利用している

3 / 5

パーマや毛染め、脱色などを行っている

3 / 5

日々の生活で帽子やヘルメットを
被り、よく汗をかく

3 / 5

健康を意識して、サプリメントや
健康食品を常用している

4 / 5

日々の生活にストレスを
感じている

4 / 5

髪に良いとされる育毛法は
とにかく試す様にしている

4 / 5

綺麗に洗っても頭皮の
べたつきや皮脂が気になる

5 / 5

育毛を意識して、機械療法を
定期的に試している

5 / 5

髪を洗う時、指やブラシなどで
頭皮をしげきするようにシャンプーしている

5 / 5

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
育毛に関する正しい知識と一度サロンでの詳しい診断をお勧めします。
あなたが頭皮の環境を整えるために良しと考え、対応している行いは逆に環境悪化の原因となってしまい、髪と頭皮にダメージを蓄積させている可能性があります。
「汚れを落とす」事を必要以上に意識し、その結果、頭皮の常在菌や頭皮化の細胞を死滅させてしまっているかもしれません。
そもそも頭皮は刺激に弱く、刺激への対抗手段として頭皮がだんだんと厚く・硬くなり新毛が生えにくい環境になってしまいます。
薄毛・抜け毛の状態が改善しない場合、この肌の仕組みが原因と考えられます。
ルチアでは頭皮エステとして、独自のエステ技術「ミラクルクレンジング」を行っており、頭皮診断やカウンセリングによるサポートも対応しております。
頭皮環境の改善に興味がある方はぜひ一度ご確認ください。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
頭皮・頭髪の健康状態が損なわれているかもしれません、
日々の生活の中で髪の毛や頭皮に対するダメージが蓄積し、頭皮の環境が悪化してきている可能性があります。
髪の毛は本来人間の機能として自然に生えてくるものですが、誤ったシャンプーの方法や髪の毛に対する認識が、薄毛や抜け毛に繋がる原因になっているかもしれません。
髪の成長に必要んあ条件は「清潔で健康な頭皮からの皮膚呼吸」「丈夫な血管からの栄養補給」が整っていれば改善できます。
シャンプー剤の選択ミスや、間違った手入れによる肌トラブルを回避すれば、毛周期に合わせて髪の毛は健やかに発毛してきます。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
薄毛予防の為に「正しい育毛法」を知り、薄毛にならない為の知識を身に着けましょう。
現在の状況において髪の毛や頭皮へのダメージは少ないと予想できますが、誤った育毛法を続けてしまうことで、後々影響がでてきてしまう事も考えられます。
髪を生やすうえで必要となる条件はな何か?どういった行動が髪の毛に悪影響を及ぼし薄毛・抜け毛を招いてしまうのけ、正しい情報と知識から今ある髪の毛のケアに努めていきましょう。

FIN