薄毛に悩むアナタへ届ける脱毛改善法 髪が生える育毛メソッド

母方の祖父が薄毛なの
ですが...将来自分も
ハゲるんでしょうか?

(20 代男性)

自分はまだ実際に薄毛で悩んでいるというほどではないのですが、もともと髪は細めだし、あまり毛量が多いとも思えません。友人からは冗談半分とはいえ、「将来ハゲるんじゃね!?」的なことをいわれたのも一二回ではなく、これから30代が近づくにつれて、髪が薄くなるのではないかと心配になっています。

さらに不安をかき立てるのが、母方の祖父の存在。典型的なU字ハゲで、あれを見てしまうと自分の将来も同じになるのではないかと悲観的になってしまうのです……。

薄毛は遺伝しないので親族に髪が薄い人がいても心配は要りません

多くの人が、薄毛が遺伝すると考えていますが、そもそも薄毛は遺伝ではありません。
髪の毛は体内で消化しきれなかった老廃物を体の外へ運び出す役割があります。
当たり前のことですが、人が生きて食事をする限り老廃物が発生します。
髪が生えるのは生命の営みの一部です。その生命の営みをやめても良いという遺伝情報は存在しません。薄毛は遺伝ではありませんので、親族に髪が薄い人がいても心配は要りません。

人間の遺伝子に髪の毛の消滅情報は確認されていない

遺伝子情報はまだすべてが解明されているわけではありませんが、毛髪を消滅させるという情報が遺伝子の中にあると確認されているわけではないのです。

そもそも、毛髪は頭部を保護するという役割を担っているもの。温度変化や外的衝撃などに対して、大切な頭部への直接的ダメージを和らげるクッション的な意味あいがあります。また、毛髪には体内の毒素や老廃物を排出する機能もあります。人間が生きていくためには食物などで日々栄養を摂取する以上、それに伴う老廃物の排出も生涯欠かせないわけで、老化は別としても20代で毛髪がなくなるようなメカニズムが遺伝として備わっていると考えるのは無理があります。

実際に薄毛になるケースを調べてみれば、病気やストレス、不摂生など頭皮環境が悪化する要因があって、本来の髪の成長や生え替わりを阻害していると考えるのが自然。

また、薄毛に悩んでいる人の中にも、様々なケアや治療などによって改善されるケースも珍しくはありません。もし、遺伝子に髪の毛の消滅情報が組み込まれていて薄毛になるのだとしたら、遺伝子情報を書き替えもせずに症状が改善されるのも論理的とはいえません。

抜け毛対策と育毛法について

抜け毛対策を考える前に、抜け毛について誤解していないか確認しましょう。

人間には約10万本の毛髪があるとされています。これは毛周期という一定のサイクルに沿って順次に生え替わっていくので、1日に数十本程度抜けるのは当たり前で、全体の毛量としては著しく増えたり減ったりするわけではないのです。

ところが、シャンプーの時に抜け毛を目にして、過度に不安を感じてしまう人がいます。1日の中で自然に抜けた髪は、他の髪と絡まってすぐに落ちるわけではなく、洗髪時にまとまって指に絡みつくことが往々にしてあるわけです。これは20~30本程度あったとしても、さほど心配する必要はありません。

逆に、よかれと思って行っている育毛法にも悪影響を及ぼすものがあります。

育毛トニックの清涼感は頭皮の熱を一時的に奪うもの。これを続けていると頭皮が厚く硬くなるリスクがあります。

頭皮ブラシなどを使っていると、頭皮を保護する皮脂を必要以上に落としてしまい、皮脂の過剰分泌から頭皮環境の悪化につながります。

器具などを使って毛穴の奥に成分を注入するのも要注意。頭皮のガードを自ら破って余分なものが入り込むことで皮膚トラブルになりかねないなど、育毛には正しい知識に基づく正しい方法が不可欠です。

       
監修者髪と肌の研究者 : 東田雪子さんの紹介
ノヴェルモイシャンプーシリーズノヴェルモイシャンプーシリーズ
気になる薄毛の原因は間違った育毛知識?
あなたに合った育毛診断テスト

頭皮のマッサージを意識して
シッカリと髪の毛を洗っている

1 / 5

頭皮の痒みやフケが気になる

2 / 5

髪の毛は薄いのになぜか体毛は濃い

2 / 5

頭皮のケアを意識して育毛剤や
洗浄力のあるシャンプーを利用している

3 / 5

パーマや毛染め、脱色などを行っている

3 / 5

日々の生活で帽子やヘルメットを
被り、よく汗をかく

3 / 5

健康を意識して、サプリメントや
健康食品を常用している

4 / 5

日々の生活にストレスを
感じている

4 / 5

髪に良いとされる育毛法は
とにかく試す様にしている

4 / 5

綺麗に洗っても頭皮の
べたつきや皮脂が気になる

5 / 5

育毛を意識して、機械療法を
定期的に試している

5 / 5

髪を洗う時、指やブラシなどで
頭皮をしげきするようにシャンプーしている

5 / 5

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
育毛に関する正しい知識と一度サロンでの詳しい診断をお勧めします。
あなたが頭皮の環境を整えるために良しと考え、対応している行いは逆に環境悪化の原因となってしまい、髪と頭皮にダメージを蓄積させている可能性があります。
「汚れを落とす」事を必要以上に意識し、その結果、頭皮の常在菌や頭皮化の細胞を死滅させてしまっているかもしれません。
そもそも頭皮は刺激に弱く、刺激への対抗手段として頭皮がだんだんと厚く・硬くなり新毛が生えにくい環境になってしまいます。
薄毛・抜け毛の状態が改善しない場合、この肌の仕組みが原因と考えられます。
ルチアでは頭皮エステとして、独自のエステ技術「ミラクルクレンジング」を行っており、頭皮診断やカウンセリングによるサポートも対応しております。
頭皮環境の改善に興味がある方はぜひ一度ご確認ください。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
頭皮・頭髪の健康状態が損なわれているかもしれません、
日々の生活の中で髪の毛や頭皮に対するダメージが蓄積し、頭皮の環境が悪化してきている可能性があります。
髪の毛は本来人間の機能として自然に生えてくるものですが、誤ったシャンプーの方法や髪の毛に対する認識が、薄毛や抜け毛に繋がる原因になっているかもしれません。
髪の成長に必要んあ条件は「清潔で健康な頭皮からの皮膚呼吸」「丈夫な血管からの栄養補給」が整っていれば改善できます。
シャンプー剤の選択ミスや、間違った手入れによる肌トラブルを回避すれば、毛周期に合わせて髪の毛は健やかに発毛してきます。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
薄毛予防の為に「正しい育毛法」を知り、薄毛にならない為の知識を身に着けましょう。
現在の状況において髪の毛や頭皮へのダメージは少ないと予想できますが、誤った育毛法を続けてしまうことで、後々影響がでてきてしまう事も考えられます。
髪を生やすうえで必要となる条件はな何か?どういった行動が髪の毛に悪影響を及ぼし薄毛・抜け毛を招いてしまうのけ、正しい情報と知識から今ある髪の毛のケアに努めていきましょう。

FIN