薄毛に悩むアナタへ届ける脱毛改善法 髪が生える育毛メソッド

脱色やパーマ、
ヘアカラーは
薄毛に関係ありますか?

(20 代女性)

普段から髪の毛を染めているOLです。

脱色やパーマ、ヘアカラーなどが髪にダメージを与えるというのは聞いたことがあるしイメージもできます。ところが、頭皮にも悪影響があって、若ハゲのリスクがあるというのは本当でしょうか?

正直なところ、脱色している髪だと傷み具合とかもそこそこに気にせず、「どうせ生え替わるから大丈夫だろう」と思っていました。それが、新しい髪が生えてこないのだったらシャレになりません!今のままだと薄毛になってしまうでしょうか?

髪や頭皮のバリアー機能を破って液が浸透、薄毛を誘発します

私たちの全身をすっぽりと覆っている皮膚には、酸素以外の異物が体に入り込まないようするバリアー機能が備わっています。
女性たちが顔に施すパック材の放置時間が15分と定められているのは、そのバリアー機能の限界が10~15分と考えられているからです。
髪を覆っているキューティクルのバリアー機能の限界も同様と考えられていて、パーマ液やヘアダイ液の放置時間もおおよそ10~15分に定められています。
この時間放置しておくと、パーマやヘアダイ液がキューティクルの中まで浸透して髪にウェーブがかかり、色が変わります。同時に頭皮についた液も頭皮の中に浸透してしまうことになり、結果、薄毛を誘発してしまいます。

毛染め液の取り扱いに注意

髪のカラーリング

ヘアカラーリングの中でヘアダイと呼ばれるものは染毛剤の中でも永久染毛剤に分類される医薬部外品。「永久」といっても効果は数ヶ月程度ですが、半永久染毛料のヘアマニキュアや一時染毛料のカラースプレーなど、落ちやすいものとの区別で、永久染毛剤というわけです。

医薬部外品となる成分が含まれるだけあって、ヘアダイは髪にも頭皮にもダメージを及ぼします。髪の色を染めるメカニズムは、もともと髪が持っているメラニン色素を脱色した上で、別な色を付けるというもの。この時、キューティクルの保護機能を傷つけて染料を髪に浸透させるので、髪にとってはダメージとなるわけです。また、髪はもともと皮膚が変化したものでもあるので、頭皮も基本的な成分は髪と同様。ヘアダイを行う際は少なからず染料が頭皮にも及んで、それが頭皮の保護機能を傷つけてしまうのです。

2~3ヶ月に1回程度であっても、定期的に髪と頭皮を保護するバリアーを自らすすんで傷つけているわけですから、繰り返していれば薄毛のリスクは高くなります。

一度傷んだ髪は、回復に時間がかかる

傷んだ髪の毛

キューティクルを傷つけてしまった髪は、本来のバリアー機能が働かないため、健康な状態の髪と比べて、日常生活においてもダメージを受けやすくなります。そう、一度傷んでしまった髪はかなりデリケート状態になってしまうので、ちょっとした刺激などでも負担となるなど回復に時間がかかるわけです。

例えば、ヘアダイ自体をするのは2~3ヶ月に一度だったとしても、シャンプーは毎日するでしょう。そのシャンプー、もちろん有害物質が含まれていることはないにしても、刺激性のある成分が含まれていると、普通はあまり影響がないのに傷んだ髪だと状況を悪化させるリスクが生じます。

もし、脱色やパーマで髪が傷んでいるかも?という自覚があるようなら、それはキューティクルによる保護がもう十分には機能していない状態。同時に、頭皮にも影響を及ぼしている可能性を疑ってください。そして、すぐにバリアー機能を回復させる方法はないので、まずは髪や頭皮に優しい成分のシャンプーやコンディショナー、トリーメントなどを毎日使うようにすること。焦らず時間をかけて回復を図りましょう。

       
監修者髪と肌の研究者 : 東田雪子さんの紹介
ノヴェルモイシャンプーシリーズノヴェルモイシャンプーシリーズ
気になる薄毛の原因は間違った育毛知識?
あなたに合った育毛診断テスト

頭皮のマッサージを意識して
シッカリと髪の毛を洗っている

1 / 5

頭皮の痒みやフケが気になる

2 / 5

髪の毛は薄いのになぜか体毛は濃い

2 / 5

頭皮のケアを意識して育毛剤や
洗浄力のあるシャンプーを利用している

3 / 5

パーマや毛染め、脱色などを行っている

3 / 5

日々の生活で帽子やヘルメットを
被り、よく汗をかく

3 / 5

健康を意識して、サプリメントや
健康食品を常用している

4 / 5

日々の生活にストレスを
感じている

4 / 5

髪に良いとされる育毛法は
とにかく試す様にしている

4 / 5

綺麗に洗っても頭皮の
べたつきや皮脂が気になる

5 / 5

育毛を意識して、機械療法を
定期的に試している

5 / 5

髪を洗う時、指やブラシなどで
頭皮をしげきするようにシャンプーしている

5 / 5

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
育毛に関する正しい知識と一度サロンでの詳しい診断をお勧めします。
あなたが頭皮の環境を整えるために良しと考え、対応している行いは逆に環境悪化の原因となってしまい、髪と頭皮にダメージを蓄積させている可能性があります。
「汚れを落とす」事を必要以上に意識し、その結果、頭皮の常在菌や頭皮化の細胞を死滅させてしまっているかもしれません。
そもそも頭皮は刺激に弱く、刺激への対抗手段として頭皮がだんだんと厚く・硬くなり新毛が生えにくい環境になってしまいます。
薄毛・抜け毛の状態が改善しない場合、この肌の仕組みが原因と考えられます。
ルチアでは頭皮エステとして、独自のエステ技術「ミラクルクレンジング」を行っており、頭皮診断やカウンセリングによるサポートも対応しております。
頭皮環境の改善に興味がある方はぜひ一度ご確認ください。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
頭皮・頭髪の健康状態が損なわれているかもしれません、
日々の生活の中で髪の毛や頭皮に対するダメージが蓄積し、頭皮の環境が悪化してきている可能性があります。
髪の毛は本来人間の機能として自然に生えてくるものですが、誤ったシャンプーの方法や髪の毛に対する認識が、薄毛や抜け毛に繋がる原因になっているかもしれません。
髪の成長に必要んあ条件は「清潔で健康な頭皮からの皮膚呼吸」「丈夫な血管からの栄養補給」が整っていれば改善できます。
シャンプー剤の選択ミスや、間違った手入れによる肌トラブルを回避すれば、毛周期に合わせて髪の毛は健やかに発毛してきます。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
薄毛予防の為に「正しい育毛法」を知り、薄毛にならない為の知識を身に着けましょう。
現在の状況において髪の毛や頭皮へのダメージは少ないと予想できますが、誤った育毛法を続けてしまうことで、後々影響がでてきてしまう事も考えられます。
髪を生やすうえで必要となる条件はな何か?どういった行動が髪の毛に悪影響を及ぼし薄毛・抜け毛を招いてしまうのけ、正しい情報と知識から今ある髪の毛のケアに努めていきましょう。

FIN