薄毛に悩むアナタへ届ける脱毛改善法 髪が生える育毛メソッド

育毛に
ヘアコンディショナーは必要?

(30 代男性)

洗髪するのに、もちろんシャンプーは使っていますし、毎日欠かすことはありません。自分では特に不潔にしているとは思っていませんが、30代になってから気になっていることがあります。加齢のせいか、顔や頭皮が若い頃と比べてテカっているように感じるのです。

こうしたこともあって、あまり薄毛が深刻にならないうちに頭皮ケアを考えています。男性でもコンディショナーを使った方がいいとも聞くのですが、以前使った時はかえって脂分が増えてしまった印象があって、避けてきた経緯があります。

コンディショナーは脂性を解消して頭皮保護に役立ちます

脂性の方の中にはコンディショナーを使いたがりませんが、コンディショナーを使用すると、脂性が解消されます。私たちの身体はつま先から頭のてっぺんまで大きな一枚の皮膚ですっぽりと覆われています。
皮膚は保護膜と呼ばれる皮脂膜によって護られており、保護膜は皮脂と汗が混じり合ったものです。その皮脂膜が入浴やシャンプーで洗い落とされると、人体の保護機能が働いて皮脂が急激に分泌されますが、洗髪直後にコンディショナーを使用すると、皮脂の過剰分泌が抑えられます。つまり、頭皮の負担が軽くなるのです。
また、乾燥性の方も髪だけではなく頭皮保護のために必ずコンディショナーをご使用ください。育毛にはコンディショナーの使用が不可欠です。

コンディショナーへの
誤った認識

コンディショナーへの誤認

脂性を気にする男性の場合、コンディショナーの役割を論理的に説明されても、使用後のシットリ感などを脂分によるものと誤解してしまい継続使用につながらないケースが少なからずあるようです。

上でも説明したように、コンディショナーの主な役割は洗髪によって落とした皮脂膜をカバーして、皮脂の過剰分泌を抑えること。良質なコンディショナーを使うなら、コンディショナーはぬめり感を残す程度にして、シャンプーのようにキレイに洗い流してしまわないのがコツなのです。男性はこうしたヘアケア製品に馴染みが薄い人が多いため、せっかく頭皮を保護してくれるコンディショナーの成分を落としてしまって、結果的に皮脂が過剰分泌している可能性があるわけです。

実際にあったケースでも、コンディショナーの正しい使い方をアドバイスすることで一定期間は頭皮環境が改善するものの、しばらくすると「自分にはコンディショナーは合わない!」と訴える男性が複数いました。その度ヒアリングすると、やはりコンディショナーを洗い流しているとのこと。習慣性まで改善するのは容易でないかもしれません。

正しい使用で脂性を解消

正しく脂性を解消

コンディショナーは髪に潤いを与えるもの、そんなイメージを持っている人は少なくないでしょう。コンディショナーが髪と頭皮にどのように働きかけるのか、より詳しく洗髪とケア方法の仕組みについて以下に説明します。

シャンプーにしろお湯にしろ、洗髪すると髪がきしむのは実感があるはず。これは皮脂膜がなくなって起こる現象で、髪や頭皮はアルカリ度が増した状態になっています。このpHバランスを整えるのがコンディショナーの役割で、それによって髪に潤いが感じられたり、頭皮の突っ張り感がなくなったりするわけです。

もちろん、人間の身体は何もしなくても皮脂膜を再生しますが、それがずっと続けば皮脂の過剰分泌になりますし、頭皮にも負担になります。

なお、頭皮に限らず人間の皮膚は弱酸性をキープするのが望ましいとされます。だからといって弱酸性シャンプーで洗髪すればいいわけでもありません。皮脂膜を落とすという意味では同じで、直後にコンディショナーで保護することが、結果的に脂性の解消にもなります。

       
監修者髪と肌の研究者 : 東田雪子さんの紹介
ノヴェルモイシャンプーシリーズノヴェルモイシャンプーシリーズ
気になる薄毛の原因は間違った育毛知識?
あなたに合った育毛診断テスト

頭皮のマッサージを意識して
シッカリと髪の毛を洗っている

1 / 5

頭皮の痒みやフケが気になる

2 / 5

髪の毛は薄いのになぜか体毛は濃い

2 / 5

頭皮のケアを意識して育毛剤や
洗浄力のあるシャンプーを利用している

3 / 5

パーマや毛染め、脱色などを行っている

3 / 5

日々の生活で帽子やヘルメットを
被り、よく汗をかく

3 / 5

健康を意識して、サプリメントや
健康食品を常用している

4 / 5

日々の生活にストレスを
感じている

4 / 5

髪に良いとされる育毛法は
とにかく試す様にしている

4 / 5

綺麗に洗っても頭皮の
べたつきや皮脂が気になる

5 / 5

育毛を意識して、機械療法を
定期的に試している

5 / 5

髪を洗う時、指やブラシなどで
頭皮をしげきするようにシャンプーしている

5 / 5

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
育毛に関する正しい知識と一度サロンでの詳しい診断をお勧めします。
あなたが頭皮の環境を整えるために良しと考え、対応している行いは逆に環境悪化の原因となってしまい、髪と頭皮にダメージを蓄積させている可能性があります。
「汚れを落とす」事を必要以上に意識し、その結果、頭皮の常在菌や頭皮化の細胞を死滅させてしまっているかもしれません。
そもそも頭皮は刺激に弱く、刺激への対抗手段として頭皮がだんだんと厚く・硬くなり新毛が生えにくい環境になってしまいます。
薄毛・抜け毛の状態が改善しない場合、この肌の仕組みが原因と考えられます。
ルチアでは頭皮エステとして、独自のエステ技術「ミラクルクレンジング」を行っており、頭皮診断やカウンセリングによるサポートも対応しております。
頭皮環境の改善に興味がある方はぜひ一度ご確認ください。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
頭皮・頭髪の健康状態が損なわれているかもしれません、
日々の生活の中で髪の毛や頭皮に対するダメージが蓄積し、頭皮の環境が悪化してきている可能性があります。
髪の毛は本来人間の機能として自然に生えてくるものですが、誤ったシャンプーの方法や髪の毛に対する認識が、薄毛や抜け毛に繋がる原因になっているかもしれません。
髪の成長に必要んあ条件は「清潔で健康な頭皮からの皮膚呼吸」「丈夫な血管からの栄養補給」が整っていれば改善できます。
シャンプー剤の選択ミスや、間違った手入れによる肌トラブルを回避すれば、毛周期に合わせて髪の毛は健やかに発毛してきます。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
薄毛予防の為に「正しい育毛法」を知り、薄毛にならない為の知識を身に着けましょう。
現在の状況において髪の毛や頭皮へのダメージは少ないと予想できますが、誤った育毛法を続けてしまうことで、後々影響がでてきてしまう事も考えられます。
髪を生やすうえで必要となる条件はな何か?どういった行動が髪の毛に悪影響を及ぼし薄毛・抜け毛を招いてしまうのけ、正しい情報と知識から今ある髪の毛のケアに努めていきましょう。

FIN