薄毛に悩むアナタへ届ける脱毛改善法 髪が生える育毛メソッド

慢性的なストレスが
血行障害をひきおこす

ストレスによって抜け毛が増える仕組みを説明しましょう。強いストレスを受けると「交感神経」という神経が働いて血管を収縮させます。この時、頭皮の毛細血管も収縮。髪を作り出す毛母細胞に栄養が届かなくなってしまいます。栄養不足の状態が長期間続くと毛母細胞は弱ってしまい抜け毛が進行。生えてくる毛も細く弱々しくなり、薄毛がどんどん悪化していきます。

ストレスから解放されると「副交感神経」が働き血管を拡張。毛母細胞の栄養不足も解消されます。しかし、ストレスから抜け出せない環境に身を置いていると毛母細胞は弱る一方なので、自然に薄毛が治ることはありません。育毛剤を使って細胞に外から栄養を与えなければいけないのです。

ストレスを感じたからといって、すぐさま髪が抜けるわけではありませんが、慢性的なストレスは薄毛のもと。ストレスをなるべく溜め込まない生活を心がけましょう。

ストレス発散?
飲酒・喫煙による薄毛の進行

「飲酒や喫煙が原因で薄毛になる」というのは根拠のない俗説です。みなさんの身の周りを見渡しても髪がフサフサの大酒飲みやヘビースモーカーはいくらでも見つかるのではないでしょうか。アルコールやニコチンにより抜け毛が進行することはありません。

ただし、人によってはストレス解消のためにお酒を飲んだり煙草を吸ったりしている人もいるでしょう。「飲酒・喫煙すると薄毛になる」といううわさは、ストレスが原因で薄毛になってしまった人が、ストレス解消のために飲酒や喫煙をしている様子から広まったのかもしれません。

育毛のために禁酒・禁煙をする必要はありませんが、身体の健康を考えれば度を超えた飲酒・喫煙は控えましょう。

ストレスによる
円形脱毛症も必ず治る

円形脱毛症を発症していることに気付くと、一刻も早く治そうとして色々な育毛法に手を出してしまいがち。間違った育毛法を行なってしまい、脱毛症を悪化させてしまうケースも多いようです。

円形脱毛症は一時的な症状であって、必ず治ります。必要以上のケアは控えるようにすべきです。

強いストレスがかかっても、すぐに円形脱毛症が現れるわけではありません。ストレスのかかる出来事から脱毛症発症まで数ヵ月のタイムラグがあります。これはストレスにより血管が収縮し毛母細胞に栄養が届かなくなっても、しばらくは毛乳頭に蓄えられた栄養素が毛母細胞に送られるためです。

ストレスを受ける出来事と脱毛症の間に時間差があるため、脱毛症になった人に原因が把握

できないことも。「気付かない間にストレスを溜め込んでたのかも…」と考え込んでしまい、それがさらにストレスとなって脱毛症を悪化させてしまう場合もあります。

「円形脱毛症は必ず治る」と考えて気持ちがふさぎ込まないようにするのが改善の一番の近道だと言えそうです。

薄毛対策と並行して「心のケア」も大切

薄毛を治したいと思っている方には、薬や育毛シャンプーなどの具体的なツールを提供するだけではなく、並行して「心のケア」を提供することも大切です。自分の薄毛をまったく気にしない人もいる一方で、自分の薄毛を人生の深刻な悩みととらえ、QOL(生活の質)を低下させてしまう人がいるからです。

薄毛の人の心理状態

欧米ではそれほどでもありませんが、残念ながら日本では「薄毛は恥ずかしいもの」という認識が蔓延しています。お笑い芸人のネタとして薄毛が扱われることがあるのは、周知のとおりでしょう。

日本のこのような環境の中で、薄毛の人の中には、深刻な心理状態にいたる人もいます。羞恥心などという言葉だけでは説明することのできない、非常に難しい心理状態です。

薄毛に悩んでいない人から見れば、他人の薄毛をさほど気にしているわけではありません。だからこそ、たとえば薄毛の知人に久しぶりに会ったときに、安易な気持ちで「最近、薄くなったんじゃない?」などと言ってしまいます。

それに対して本人は、決して怒りません。笑いながら「いや~、そうなんだよね~」と返してしまうことでしょう。薄毛ではない人にとっては、この時の本人の気持ちを想像することができないはずです。 なおかつ、知人本人は数分後には頭の中は別の話題に切り替えられています。一方で薄毛の本人は、その知人の言葉を一日中気にしてしまいます。双方には、薄毛に関する認識のギャップが大きく横たわります。

「自分は薄毛である」という悩みは悪化する

薄毛を他人から指摘されるエピソードを重ねていると、「自分は薄毛である」という悩みは、ますます悪化してきます。言葉で指摘されることはなくても、周りの人たちの視線がすべて自分の髪に集まっている、と感じるかも知れません。

その結果、本人の「恥ずかしい」という思いが負のスパイラルへと陥り、周りが思っている以上に「自分は薄毛である」という思い込みが深刻化していきます。

この段階にいたった人に対しては、具体的な薄毛対策と並行して、心の対策も必要。薄毛の悩みからうつ病に発展する恐れもあるので、周りの人たちも、安易に本人の薄毛を茶化すようなことを言ってはなりません。

女性の薄毛も深刻な問題

薄毛の大半は、男性に発症します。だからこそ、女性が薄毛を発症してしまうと、男性以上に疎外感や羞恥心を抱くことがあります。

現実としては、更年期以降の女性の大半に薄毛が生じます。エストロゲン(女性ホルモンの一種)の減少が薄毛を招くメカニズムを備えているため、症状の程度には個人差があれ、更年期以降の女性における薄毛は避けられないことです。

しかし女性は、男性よりも美意識の高い生き物。中には「自分だけが薄毛だ」と思い込んでしまう人もいることでしょう。薄毛に悩む女性に対しては、男性以上に「心のケア」が必要となってくるかも知れません。

女性の薄毛に関する悩みはこちら»

薄毛の悩みがQOL(生活の質)の低下を招くこともある

薄毛に限らず、私たち人間は何かの悩みを抱えたとき、不安な気持ちがどんどん募っていきます。その結果、うつ症状へと陥ることも少なくありません。

うつ症状が長引いた場合には、気持ちがつらくなるだけでなく、仕事のミスが増えたり、勉強が進まなかったり、家事ができなくなったりなどの、具体的なQOL(生活の質)の低下が見られるようになります。

これら、うつ症状のきっかけとなる悩みの一つに、薄毛があることも私たちは理解しておかなければなりません。本人の中で薄毛の悩みが深刻化、長期化し、結果、うつ症状からQOL(生活の質)の低下に発展することがある、ということです。

そのような状態で薄毛対策を行っても、精神的影響から薄毛が改善されない可能性もあります。対策を施しても薄毛が改善されなければ、本人のQOL(生活の質)は、ますます低下していくことでしょう。

薄毛対策と並行して「心のケア」が必要

上記の理由から、薄毛対策を行う場合には、育毛シャンプーなどの具体的な対策とあわせて「心のケア」を行うことが大事です。「薄毛対策を先にやるか、それとも心のケアを先にやるか」ではなく、同時進行で行なう必要があります。

「心のケア」は、本人の薄毛の状態や心理状態に応じ、適切な方法を検討します。大きく分けて、次の2つのパターンがあると考えてください。

1つめのパターンが、「薄毛はさほど進行していないのに、本人が深い悩みを抱えてしまっている」というもの。このパターンにおいては、最小限の薄毛の治療を進めることと並行し、むしろ本人の心理状態と向き合うほうを重視すべきでしょう。

2つめのパターンが、「薄毛が本当に進行してしまい、本人が深い悩みを抱えてしまっている」というもの。このパターンの人に対しては、まず「髪が増えてきた」という実感を持たせることが大事です。この実感こそが、本人の不安を払拭してQOL(生活の質)を高めることにもつながります。もちろん、こちらパターンの人に対しても、薄毛対策と並行して適切な「心のケア」も行ったほうが良いでしょう。

何も考えずに過ごす時間も大事

仕事や家庭などでストレスの絶えない毎日。少しでもストレスから解放されるためには、何も考えずにボーっと過ごす時間を作ることも大事なことです。 しかしながら、実際に試してみれば分かりますが、何も考えずに時間を過ごすことは、とても難しいもの。少し工夫がいるかも知れません。

一例ですが、たとえばお金も何も持たずに、いつもとは違うスーパーに歩いて行ってみてください。歩いていると季節の変化などに気付き、一時、ストレスを感じない時間を過ごすことができるはずです。スーパーではお金を持っていないので、普段とは違った視点で商品が見えてくるでしょう。 一時的に普段の自分を忘れることこそ、何も考えずにボーっと過ごしている時間にほかなりません。

「髪を切る」という逆転の発想でストレスを軽減

男性、女性を問わず、髪の薄い人は「いかにして薄いところを隠すか」という発想に陥りがち。ところが、すでに髪が薄くなってしまっていることは事実なので、隠そうとすればするほど、薄い部分が際立ってしまうことも少なくありません。薄毛が際立ってしまえば、それだけストレスも増してくることでしょう。

そんな方々は発想を逆転させ、髪を短くしてみる、ということもストレス解消には効果的。髪を短くすると、薄い部分と濃い部分の境目がぼかされて、薄毛が目立たなくなることがあります。薄毛が目立たなくなれば、きっとストレスも軽減されることでしょう。ストレスが軽くなれば、きっと薄毛の進行も緩やかになるはずです。

       
監修者髪と肌の研究者 : 東田雪子さんの紹介
ノヴェルモイシャンプーシリーズノヴェルモイシャンプーシリーズ
気になる薄毛の原因は間違った育毛知識?
あなたに合った育毛診断テスト

頭皮のマッサージを意識して
シッカリと髪の毛を洗っている

1 / 5

頭皮の痒みやフケが気になる

2 / 5

髪の毛は薄いのになぜか体毛は濃い

2 / 5

頭皮のケアを意識して育毛剤や
洗浄力のあるシャンプーを利用している

3 / 5

パーマや毛染め、脱色などを行っている

3 / 5

日々の生活で帽子やヘルメットを
被り、よく汗をかく

3 / 5

健康を意識して、サプリメントや
健康食品を常用している

4 / 5

日々の生活にストレスを
感じている

4 / 5

髪に良いとされる育毛法は
とにかく試す様にしている

4 / 5

綺麗に洗っても頭皮の
べたつきや皮脂が気になる

5 / 5

育毛を意識して、機械療法を
定期的に試している

5 / 5

髪を洗う時、指やブラシなどで
頭皮をしげきするようにシャンプーしている

5 / 5

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
育毛に関する正しい知識と一度サロンでの詳しい診断をお勧めします。
あなたが頭皮の環境を整えるために良しと考え、対応している行いは逆に環境悪化の原因となってしまい、髪と頭皮にダメージを蓄積させている可能性があります。
「汚れを落とす」事を必要以上に意識し、その結果、頭皮の常在菌や頭皮化の細胞を死滅させてしまっているかもしれません。
そもそも頭皮は刺激に弱く、刺激への対抗手段として頭皮がだんだんと厚く・硬くなり新毛が生えにくい環境になってしまいます。
薄毛・抜け毛の状態が改善しない場合、この肌の仕組みが原因と考えられます。
ルチアでは頭皮エステとして、独自のエステ技術「ミラクルクレンジング」を行っており、頭皮診断やカウンセリングによるサポートも対応しております。
頭皮環境の改善に興味がある方はぜひ一度ご確認ください。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
頭皮・頭髪の健康状態が損なわれているかもしれません、
日々の生活の中で髪の毛や頭皮に対するダメージが蓄積し、頭皮の環境が悪化してきている可能性があります。
髪の毛は本来人間の機能として自然に生えてくるものですが、誤ったシャンプーの方法や髪の毛に対する認識が、薄毛や抜け毛に繋がる原因になっているかもしれません。
髪の成長に必要んあ条件は「清潔で健康な頭皮からの皮膚呼吸」「丈夫な血管からの栄養補給」が整っていれば改善できます。
シャンプー剤の選択ミスや、間違った手入れによる肌トラブルを回避すれば、毛周期に合わせて髪の毛は健やかに発毛してきます。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
薄毛予防の為に「正しい育毛法」を知り、薄毛にならない為の知識を身に着けましょう。
現在の状況において髪の毛や頭皮へのダメージは少ないと予想できますが、誤った育毛法を続けてしまうことで、後々影響がでてきてしまう事も考えられます。
髪を生やすうえで必要となる条件はな何か?どういった行動が髪の毛に悪影響を及ぼし薄毛・抜け毛を招いてしまうのけ、正しい情報と知識から今ある髪の毛のケアに努めていきましょう。

FIN