薄毛に悩むアナタへ届ける脱毛改善法 髪が生える育毛メソッド

間違った手入れ方法による
肌荒れ・炎症

シャンプーの選び方を間違えるなど、誤ったヘアケアによって頭皮へのダメージが蓄積されていき、深刻な肌荒れや炎症を引き起こします。

例えば殺菌効果のある成分を頭皮に塗り込むと、頭皮に住んでいる常在菌までダメージを受けてしまい、肌荒れがひどくなります。常在菌が弱ると肌荒れが起こるのは、常在菌が外からくる雑菌やばい菌を倒して、頭皮の細菌感染を防いでいるから。頭皮のケアを怠るのは言語道断ですが、頭皮を手入れしすぎるのもまた、育毛を妨げる原因となるのです。

やってはいけない育毛NG法

こちらでは、やってはいけない育毛NG法を8つご紹介します。

薄毛や脱毛を進行させてしまうのは、誤った手入れや過剰なヘアケアに原因があります。誤った手入れを続けると頭皮や髪の毛に大きな負担がかかってしまいますし、過剰なヘアケアもまた、排出器官としての役割を担う髪の毛や頭皮にとっては毒となります。

育毛をしようと努力しているのに、かえって毛が抜けてしまう…という悲しい事態に陥らないためにも、NG育毛法についてしっかりと理解しておきましょう。

  • 1.トニックシャンプーや育毛剤を使い続ける

    スッキリとした爽快感がクセになるトニックシャンプーや育毛剤を愛用されている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、このスッキリした清涼感は頭皮の熱が奪われることで感じるものです。もともと髪の毛は「脳の温度を一定に保つ」という保護器官としての役割も持っていますから、そこに急激な温度変化が与えられると、脳を守ろうとしてだんだん頭皮が堅くなっていきます。その結果、薄毛が進行してしまうのです。
  • 2.皮脂を根こそぎ取る

    勘違いされがちですが、皮脂そのものは薄毛の原因ではありません。むしろ程よい皮脂は頭部をガードし、細菌感染を防いでくれます。一方で、保護成分である皮脂を根こそぎ取り除かれてしまうと、それだけ皮脂が分泌されてしまうのです。脂っぽいからとむやみに洗い流してしまうと、さらに多くの皮脂が分泌されてしまうという仕組みです。髪の健康を保つためにも、皮脂は適度に残しましょう。
  • 3.過剰な頭皮マッサージ

    血行を良くしようと過剰なマッサージを繰り返すと、摩擦によって発生する熱から脳を守ろうとしてますます皮脂が分泌されるようになります。摩擦そのものも皮膚に少しずつダメージを与えてしまうので、頭皮を保護しようと皮膚が固くなっていき、健康な髪の毛が育ちにくい環境になってしまいます。その結果、薄毛や抜け毛が進行してしまうのです。
  • 4.頭皮を叩く

    「ブラシや器具で頭皮を叩くと血流が良くなって毛が生えてくる」というウワサがありますが、頭皮を傷つける可能性があるのでやらない方がよいでしょう。強く叩きすぎると毛母細胞や毛乳頭などの皮下組織を傷つけてしまいます。ある程度のダメージには耐えてくれますが、限界を超えると細胞は破壊されてしまい、髪の成長が止まって抜け落ちてしまうのです。
  • 5.高周波・低周波を頭皮に当てる

    高周波や低周波を使って毛根に刺激を与え、発毛を促す育毛サロンも存在します。しかし、高周波・低周波は皮膚の表面から皮下組織に強い刺激を与えるための機器です。頭皮に当ててしまうと表皮だけでなく皮下組織や毛細血管は大きなダメージを受け、組織が壊れたり変質してしまったりします。深刻な脱毛症を引き起こすため、決して高周波・低周波を頭皮に当てないようにしてください。
  • 6.果汁や植物の汁を頭皮に塗る

    民間療法の一つとして、リンゴやミカン、アロエなどを頭皮に塗るという方法がありますが、これもなるべく避けた方が良いでしょう。果汁や植物の汁はベタベタしており、空気中のチリやホコリとくっつきやすいので、頭皮の汚れに繋がります。肌荒れを起こし抜け毛が増えてしまう可能性があるので、果汁や植物の汁は頭皮に塗らないようにしましょう。
  • 7.機材・器具などで育毛剤を浸透させる

    育毛剤の浸透を高めるという目的で、さまざまな機材・器具を使って

    皮膚の上から毛根へ、さまざまな成分を無理やり浸透させる

    強引に育毛剤を浸透させると、成分が過剰に入りすぎて、思わぬ頭皮トラブルを引き起こします。

    また、この手の機器には低周波の器具が使われていることがあるので、いたずらに表皮を傷つけてしまう可能性があります。
  • 8.サプリメントや健康食品を常用する
    特定の成分を補給する健康食品やサプリメントを過剰に摂取すると、脱毛を引き起こす可能性があります。

    髪の毛には、吸収しきれなかった成分や老廃物を体外へ出す働きがあります。サプリメントや健康食品で補った成分の一部は吸収されず、便や尿によって身体の外に排出されていきます。それでも排出できなかった成分は身体に残ってしまい、頭皮の下にも溜まってしまいます。そのけっか、毛母細胞が弱ってしまい、急激に毛が抜けてしまうのです。
       
監修者髪と肌の研究者 : 東田雪子さんの紹介
ノヴェルモイシャンプーシリーズノヴェルモイシャンプーシリーズ
気になる薄毛の原因は間違った育毛知識?
あなたに合った育毛診断テスト

頭皮のマッサージを意識して
シッカリと髪の毛を洗っている

1 / 5

頭皮の痒みやフケが気になる

2 / 5

髪の毛は薄いのになぜか体毛は濃い

2 / 5

頭皮のケアを意識して育毛剤や
洗浄力のあるシャンプーを利用している

3 / 5

パーマや毛染め、脱色などを行っている

3 / 5

日々の生活で帽子やヘルメットを
被り、よく汗をかく

3 / 5

健康を意識して、サプリメントや
健康食品を常用している

4 / 5

日々の生活にストレスを
感じている

4 / 5

髪に良いとされる育毛法は
とにかく試す様にしている

4 / 5

綺麗に洗っても頭皮の
べたつきや皮脂が気になる

5 / 5

育毛を意識して、機械療法を
定期的に試している

5 / 5

髪を洗う時、指やブラシなどで
頭皮をしげきするようにシャンプーしている

5 / 5

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
育毛に関する正しい知識と一度サロンでの詳しい診断をお勧めします。
あなたが頭皮の環境を整えるために良しと考え、対応している行いは逆に環境悪化の原因となってしまい、髪と頭皮にダメージを蓄積させている可能性があります。
「汚れを落とす」事を必要以上に意識し、その結果、頭皮の常在菌や頭皮化の細胞を死滅させてしまっているかもしれません。
そもそも頭皮は刺激に弱く、刺激への対抗手段として頭皮がだんだんと厚く・硬くなり新毛が生えにくい環境になってしまいます。
薄毛・抜け毛の状態が改善しない場合、この肌の仕組みが原因と考えられます。
ルチアでは頭皮エステとして、独自のエステ技術「ミラクルクレンジング」を行っており、頭皮診断やカウンセリングによるサポートも対応しております。
頭皮環境の改善に興味がある方はぜひ一度ご確認ください。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
頭皮・頭髪の健康状態が損なわれているかもしれません、
日々の生活の中で髪の毛や頭皮に対するダメージが蓄積し、頭皮の環境が悪化してきている可能性があります。
髪の毛は本来人間の機能として自然に生えてくるものですが、誤ったシャンプーの方法や髪の毛に対する認識が、薄毛や抜け毛に繋がる原因になっているかもしれません。
髪の成長に必要んあ条件は「清潔で健康な頭皮からの皮膚呼吸」「丈夫な血管からの栄養補給」が整っていれば改善できます。
シャンプー剤の選択ミスや、間違った手入れによる肌トラブルを回避すれば、毛周期に合わせて髪の毛は健やかに発毛してきます。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
薄毛予防の為に「正しい育毛法」を知り、薄毛にならない為の知識を身に着けましょう。
現在の状況において髪の毛や頭皮へのダメージは少ないと予想できますが、誤った育毛法を続けてしまうことで、後々影響がでてきてしまう事も考えられます。
髪を生やすうえで必要となる条件はな何か?どういった行動が髪の毛に悪影響を及ぼし薄毛・抜け毛を招いてしまうのけ、正しい情報と知識から今ある髪の毛のケアに努めていきましょう。

FIN