薄毛に悩むアナタへ届ける脱毛改善法 髪が生える育毛メソッド

フケができる仕組み

頭皮に現れて薄毛を引き起こすこともあるフケ。そもそもフケはどうやって作られるのでしょうか?フケは頭からでる「垢」。古くなった角質と酸化した皮脂、頭皮の汚れが、固まりになって剥がれ落ちたものです。角質は周期的に剥がれ落ちるものですが、この周期が乱れると大量のフケが発生してしまいます。皮脂は通常、頭皮と髪を守る保護膜の役目を果たしていますが、時間の経過とともに酸素に触れた部分が酸化。酸化した皮脂は汚れとなり、さらに空気中にあるチリやホコリも吸い寄せてしまうので大量のフケを発生させる原因となるのです。

フケはその状態によって「脂性フケ」と「乾燥フケ」に分けられ、できる仕組みはそれぞれに異なります。脂性フケは頭皮の皮脂が過剰に分泌されることで発症。フケが湿った状態で現れるのが特徴です。

乾燥フケは頭皮の皮脂が足りなくなってしまうことにより発症するフケ。頭皮の角質がサラサラとこぼれるようにフケとなって落ちていきます。

どちらのフケも頭皮環境が悪いために発生するもの。大量のフケは頭皮に炎症やかゆみを引き起こし、薄毛・抜け毛の原因となってしまいます。

間違ったシャンプー選びが
フケや脱毛を促進させる

フケを改善するためにフケ用シャンプーや殺菌シャンプーなどを利用することで、かえってフケや薄毛が悪化してしまう場合があります。フケ用シャンプーと殺菌シャンプーのどちらにも配合されている殺菌成分が原因です。殺菌成分入りのシャンプーは頭皮の雑菌を殺すことで頭皮環境を良好に保ち、フケも改善できると謳っています。しかし、頭皮にはもともと雑菌を食べてくれる常在菌とよばれる菌が存在しているのです。フケ用シャンプーや殺菌シャンプーによって、悪い菌と闘ってくれる常在菌が殺されると、頭皮の抵抗力が次第に低下。頭皮は菌の悪影響に対して無防備な状態となり、些細な刺激でかゆみや炎症を引き起こしてしまいます。頭皮環境が悪くなるため、フケも悪化してしまうのです。フケには脂性フケと乾燥フケの2種類がありますが、乾燥フケのほとんどはシャンプー選びに失敗したことが原因で発症するとも言われています。

異常なほどのフケ・かゆみ…その本当の原因とは

上で説明したように、フケの主な原因となるのが頭皮の垢です。角質が剥がれ落ちて垢となり、酸化してチリやほこりを吸い寄せてしまったものをフケと言います。

人の皮膚に新陳代謝がある以上、頭皮に垢が生じることは避けられません。よって、大なり小なり、人の頭皮にはかならずフケが存在します。

こうして生まれた普通のフケは、いわば問題のないフケと言って良いでしょう。問題なのは、垢が原因ではないフケ。頭皮に異常なほどのフケ・かゆみを生じた場合、ともすると垢ではなくカビが原因となっている可能性があります。

異常なフケ・かゆみの原因はマラセチア真菌

人間の皮膚には、常在菌と呼ばれるさまざまな菌が存在しています。これら菌は、決して皮膚に悪さをしているのではなく、むしろ皮膚の健康を保つ働きを持つもの。本来あるべきバランスを維持しつつ、それぞれの菌が皮膚の健康を守るために働いています。

ところが、何らかの原因によって一部の菌のみが異常増殖すると、常在菌のバランスが崩れて皮膚に炎症が発生。炎症が頭皮に生じると、異常なフケやかゆみだけではなく、著しい脱毛を起こしてしまうこともあります。

常在菌のバランスを崩すことがある代表的な菌がマラセチア真菌。カビの一種です。 マラセチア真菌の異常繁殖を原因とした皮膚炎・脱毛症を、脂漏性皮膚炎・脂漏性脱毛症と言います。

参考文献:「フケ・かゆみ・抜け毛」(持田ヘルスケア株式会社)http://hc.mochida.co.jp/skincare/dandruff/dandruff7.html

脂漏性皮膚炎・脂漏性脱毛症とは

上脂漏性皮膚炎とは、皮膚の常在菌であるマラセチア真菌の異常増殖によって生じる炎症。頭皮を中心に、顔や胸、背中、脇の下など全身性で生じることのある症状です。

マラセチア真菌が頭皮で増殖しやすい理由は、頭皮で多く分泌される皮脂がマラセチア真菌のエサとなるから。よって、頭皮の皮脂の分泌量が多い人や、シャンプーなどを怠りがちな人において、特に脂漏性皮膚炎が生じやすいとされています。 脂漏性皮膚炎を放置すると、症状は徐々に悪化。フケやかゆみが著しくなり、最終的には脱毛症に至ります。この症状のことを、脂漏性脱毛症と言います。

マラセチア真菌はカビの一種。カビが人の皮膚に異常増殖することで生じる疾患の一つに、水虫があります。水虫の治療には非常に長い期間がかかりますが、脂漏性皮膚炎・脂漏性脱毛症も同様に、治療には長い期間がかかります。また水虫と同様に、一時的には症状が緩和したとしても、再発のリスクがあります。

脂漏性皮膚炎・脂漏性脱毛症と診断された方は、根気よく治療を続けることが大切です。

頭皮カビによって生じた脂漏性脱毛症の治療法

脂漏性脱毛症の原因は、脂漏性皮膚炎。よって、脱毛症状を改善させるためには、脂漏性皮膚炎を治すことが前提となります。脂漏性皮膚炎の治療法は生活指導と薬物療法。以下、具体的な治療法を見ていきましょう。

生活指導

シャンプー

毎日1回、かならずシャンプーをします。マラセチア真菌は、皮脂をエサにして増殖するカビ。毛穴から分泌された皮脂をシャンプーで除去し、頭皮カビを兵糧攻めにします。

なお、シャンプーの頻度は1日1回が理想。皮脂を徹底して除去する目的で1日複数回のシャンプーをすると、頭皮が乾燥して逆に皮脂の分泌量が多くなるので注意が必要です。

ストレスフリーな生活

頭皮の皮脂を過剰に分泌させる原因の一つとして、ストレスが知られています。緊張して脂汗をかいた、という経験のある方もいると思いますが、緊張はストレスの一種。ストレスが自律神経に影響を与えて皮脂の分泌を加速させることがイメージできるでしょう。

仕事でも家庭でもストレスをためず、リラックスして過ごすことが大事。ストレスがたまったときには、軽い運動をするなどしてストレスを解消します。

脂質を抑えた食生活

脂の多い食材を摂った後に顔が脂ぎった、という経験がある方も多いことでしょう。脂質を摂り過ぎると、皮脂の分泌量が多くなります。マラセチア真菌にエサを与えているようなものなので、極力、脂質の多い食材の摂取を控えるよう指導します。

薬物療法

ステロイド外用薬

脂漏性皮膚炎の治療法の第一選択が、ステロイド外用薬の処方です。すでに説明した通り、ステロイドには多くの副作用のリスクがあるため、医師の指示にしたがって適切に使用します。

抗真菌薬

抗真菌薬とは、カビの活動を抑えるための外用薬。水虫の治療薬にも使用されます。

抗ヒスタミン薬

抗ヒスタミン薬とは、かゆみを抑える効果のある薬。脂漏性皮膚炎を原因とした強い痒みを自覚している場合には、対症療法として抗ヒスタミン薬が処方されることがあります。

ビタミン剤

皮脂の分泌量は、摂取しているビタミンの量やバランスにも左右されます。適切なビタミンのバランスが取れていない患者には、必要なビタミン剤が処方されることがあります。

参考資料:「脂漏性皮膚炎」(SBC湘南メディカル記念病院)https://www.sbc-hospital.jp/care_skin/seborrheic_eczema.html

頭皮の状態回復を促す
正しいシャンプー法

フケを改善するための頭皮ケア・ヘアケアにフケ用シャンプーや殺菌シャンプーは必要ありません。肌に良い成分で作られたシャンプーを使って、正しい方法で毎日洗髪すれば、それだけでフケは解消されるのです。ここでは頭皮環境を改善してフケを解消するための正しいシャンプー法・コンディショナー法をご紹介。大量のフケに悩んでいるかたは一度試してみてください。ポイントはシャンプーを長時間つけたままにしないこと。コンディショナーは「ぬめり感」を残すことです。

  • 正しいシャンプー方法

    1. 温水で髪と頭皮を濡らします
    2. シャンプーを500円玉の大きさに広がる程度手の平に取り、もう一方の手の指先にも付けます。手に取ったシャンプーを水で薄めたり泡立てたりしてはいけません
    3. 指の腹を使ってシャンプーを頭皮の数ヵ所に塗り付けていきます
    4. そのまま指の腹で頭皮全体を洗います。洗う時間は30秒以内にしてください。ブラシを使って洗ってはいけません。
    5. 温水で丁寧にすすぎます。シャンプーが残らないようにしてください
  • 正しいコンディショナーの使用方法

    1. コンディショナーを500円玉の大きさに広がる程度手の平に取ります
    2. 両手にコンディショナーをなじませます
    3. コンディショナーを髪に塗り付けていきます。頭皮には塗らなくていいので注意しましょう
    4. コンディショナーの効果をより高いものにするため、2~3分ほどおいておきます
    5. 5~8秒ほど、ぬめり感が残る程度にすすぎます。すすぎ過ぎに気を付けましょう
       
監修者髪と肌の研究者 : 東田雪子さんの紹介
ノヴェルモイシャンプーシリーズノヴェルモイシャンプーシリーズ
気になる薄毛の原因は間違った育毛知識?
あなたに合った育毛診断テスト

頭皮のマッサージを意識して
シッカリと髪の毛を洗っている

1 / 5

頭皮の痒みやフケが気になる

2 / 5

髪の毛は薄いのになぜか体毛は濃い

2 / 5

頭皮のケアを意識して育毛剤や
洗浄力のあるシャンプーを利用している

3 / 5

パーマや毛染め、脱色などを行っている

3 / 5

日々の生活で帽子やヘルメットを
被り、よく汗をかく

3 / 5

健康を意識して、サプリメントや
健康食品を常用している

4 / 5

日々の生活にストレスを
感じている

4 / 5

髪に良いとされる育毛法は
とにかく試す様にしている

4 / 5

綺麗に洗っても頭皮の
べたつきや皮脂が気になる

5 / 5

育毛を意識して、機械療法を
定期的に試している

5 / 5

髪を洗う時、指やブラシなどで
頭皮をしげきするようにシャンプーしている

5 / 5

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
育毛に関する正しい知識と一度サロンでの詳しい診断をお勧めします。
あなたが頭皮の環境を整えるために良しと考え、対応している行いは逆に環境悪化の原因となってしまい、髪と頭皮にダメージを蓄積させている可能性があります。
「汚れを落とす」事を必要以上に意識し、その結果、頭皮の常在菌や頭皮化の細胞を死滅させてしまっているかもしれません。
そもそも頭皮は刺激に弱く、刺激への対抗手段として頭皮がだんだんと厚く・硬くなり新毛が生えにくい環境になってしまいます。
薄毛・抜け毛の状態が改善しない場合、この肌の仕組みが原因と考えられます。
ルチアでは頭皮エステとして、独自のエステ技術「ミラクルクレンジング」を行っており、頭皮診断やカウンセリングによるサポートも対応しております。
頭皮環境の改善に興味がある方はぜひ一度ご確認ください。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
頭皮・頭髪の健康状態が損なわれているかもしれません、
日々の生活の中で髪の毛や頭皮に対するダメージが蓄積し、頭皮の環境が悪化してきている可能性があります。
髪の毛は本来人間の機能として自然に生えてくるものですが、誤ったシャンプーの方法や髪の毛に対する認識が、薄毛や抜け毛に繋がる原因になっているかもしれません。
髪の成長に必要んあ条件は「清潔で健康な頭皮からの皮膚呼吸」「丈夫な血管からの栄養補給」が整っていれば改善できます。
シャンプー剤の選択ミスや、間違った手入れによる肌トラブルを回避すれば、毛周期に合わせて髪の毛は健やかに発毛してきます。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
薄毛予防の為に「正しい育毛法」を知り、薄毛にならない為の知識を身に着けましょう。
現在の状況において髪の毛や頭皮へのダメージは少ないと予想できますが、誤った育毛法を続けてしまうことで、後々影響がでてきてしまう事も考えられます。
髪を生やすうえで必要となる条件はな何か?どういった行動が髪の毛に悪影響を及ぼし薄毛・抜け毛を招いてしまうのけ、正しい情報と知識から今ある髪の毛のケアに努めていきましょう。

FIN