薄毛に悩むアナタへ届ける脱毛改善法 髪が生える育毛メソッド

頭皮・髪の毛に大きく影響を
及ぼす原因

  • 頭皮の汚れによる薄毛への影響

    頭皮の汚れによる肌トラブルがきっかけで、薄毛になってしまうこともあります。しかし、「汚れているならしっかり洗い流せば良いんだ!」と安易に考え、洗浄力の高いシャンプーを使ってしまうのはNG。なぜなら頭皮にはある程度の皮脂が必要であり、すべて洗い流してしまうと皮脂が過剰分泌されてますます汚れが進行してしまうからです。頭皮が汚れているからといって皮脂を根こそぎ洗い流すことはせず、汚れた部分だけをキレイにする必要があります。
  • 頭皮の肌荒れ・炎症による薄毛への影響

    頭皮の肌荒れ・炎症は、皮脂のべたつきによってもたらされます。べたつきを解消するために始めたヘアケアでも、頭皮にダメージを与えてしまうようでは逆効果。頭皮を叩いたり、高周波・低周波を当てたりといったケアは症状をさらに悪化させ、肌荒れや炎症が深刻化してしまう可能性もあります。

    こちらでは、やってはいけないNG育毛法は全部で8つご紹介。健やかな髪と頭皮のために、それぞれの育毛法の何がいけないのか、しっかりと把握しておきましょう。
  • ストレスによる薄毛への影響

    強いストレスがかかると脱毛症を発症し、薄毛になる場合があります。ストレスによる脱毛症で多いのは円形脱毛症。ストレスが解消されれば特別な育毛法を行わなくても治りますが、慢性的にストレスがかかる状況に置かれていると自然治癒は困難です。ストレスによって頭皮の毛細血管が収縮し、毛母細胞に栄養が届かなくなっているのが薄毛の原因なので、栄養を毛母細胞に届ける育毛剤を利用して薄毛を改善するべきでしょう。
  • フケによる薄毛への影響

    頭皮環境が悪化し、皮脂が不足するか過剰になると大量のフケが発生します。フケは頭皮に湿疹を作ったり毛穴を詰まらせたりして抜け毛を増やす原因です。

    皮脂が不足していると頭皮が乾燥し、角質がパラパラと剥がれ落ちてフケになります。皮脂が過剰に分泌されると、頭皮の保護に使われずに余った皮脂が酸化。酸化した皮脂はそれ自体もフケとなるうえ、周囲のチリやホコリも吸着してフケの量を増やしてしまいます。どちらのフケも頭皮環境を整えることで改善が可能です。
  • 薬物・ステロイドによる薄毛への影響

    髪や頭皮と関係のない病気の治療に使われた薬物や成分が薄毛の原因となるケースも。髪の毛には身体の老廃物や不要な成分を取り込んで抜け落ちる性質があり、この働きで身体に有害な成分が蓄積されるのを予防します。しかし、不要な成分があまりに多いと体外に排出されなかった分が頭皮に蓄積されてしまい、新しい髪の生育を阻害してしまうのです。薬に配合されている成分のなかでも、特に副作用が強いステロイドには注意が必要。薄毛に悩んでいる方は服用している薬について調べてみるべきだと言えます。
  • 様々なやってはいけない育毛法
    による薄毛への影響

    間違った育毛法が原因で薄毛になってしまう場合があります。例えば、「頭皮の皮脂を根こそぎ洗い落とせば毛が生える」と信じている人もいるでしょうが、これは間違った育毛法。皮脂を完全に落とそうと洗浄力の強いシャンプーで洗髪してしまうと、頭皮を保護していた皮脂までなくなり抜け毛が増えてしまいます。世間で信じられている育毛法を鵜呑みしてあれこれ手を出していると、かえって薄毛が悪化してしまうこともあるのです。
  • プールに含まれる塩素(カルキ)
    の薄毛への影響

    プールの水が原因で薄毛になる可能性があります。人体に害を与える菌を除去するためにプールに混ぜられている塩素(カルキ)が、頭皮を守っている皮膚常在菌も殺してしまうのです。皮膚常在菌がいなくなると、頭皮に外部からやってきた雑菌が増えて、抜け毛・切れ毛・頭皮の炎症などが起こります。塩素による薄毛を防ぐには、プールから上がったら速やかに髪と頭皮を洗う必要があります。しかし、ここで洗浄力や殺菌力の強いシャンプーで洗ってしまっては逆効果。髪・頭皮に負担をかけないシャンプーと正しいシャンプー方法で、しっかりケアしましょう。
       
監修者髪と肌の研究者 : 東田雪子さんの紹介
ノヴェルモイシャンプーシリーズノヴェルモイシャンプーシリーズ
気になる薄毛の原因は間違った育毛知識?
あなたに合った育毛診断テスト

頭皮のマッサージを意識して
シッカリと髪の毛を洗っている

1 / 5

頭皮の痒みやフケが気になる

2 / 5

髪の毛は薄いのになぜか体毛は濃い

2 / 5

頭皮のケアを意識して育毛剤や
洗浄力のあるシャンプーを利用している

3 / 5

パーマや毛染め、脱色などを行っている

3 / 5

日々の生活で帽子やヘルメットを
被り、よく汗をかく

3 / 5

健康を意識して、サプリメントや
健康食品を常用している

4 / 5

日々の生活にストレスを
感じている

4 / 5

髪に良いとされる育毛法は
とにかく試す様にしている

4 / 5

綺麗に洗っても頭皮の
べたつきや皮脂が気になる

5 / 5

育毛を意識して、機械療法を
定期的に試している

5 / 5

髪を洗う時、指やブラシなどで
頭皮をしげきするようにシャンプーしている

5 / 5

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
育毛に関する正しい知識と一度サロンでの詳しい診断をお勧めします。
あなたが頭皮の環境を整えるために良しと考え、対応している行いは逆に環境悪化の原因となってしまい、髪と頭皮にダメージを蓄積させている可能性があります。
「汚れを落とす」事を必要以上に意識し、その結果、頭皮の常在菌や頭皮化の細胞を死滅させてしまっているかもしれません。
そもそも頭皮は刺激に弱く、刺激への対抗手段として頭皮がだんだんと厚く・硬くなり新毛が生えにくい環境になってしまいます。
薄毛・抜け毛の状態が改善しない場合、この肌の仕組みが原因と考えられます。
ルチアでは頭皮エステとして、独自のエステ技術「ミラクルクレンジング」を行っており、頭皮診断やカウンセリングによるサポートも対応しております。
頭皮環境の改善に興味がある方はぜひ一度ご確認ください。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
頭皮・頭髪の健康状態が損なわれているかもしれません、
日々の生活の中で髪の毛や頭皮に対するダメージが蓄積し、頭皮の環境が悪化してきている可能性があります。
髪の毛は本来人間の機能として自然に生えてくるものですが、誤ったシャンプーの方法や髪の毛に対する認識が、薄毛や抜け毛に繋がる原因になっているかもしれません。
髪の成長に必要んあ条件は「清潔で健康な頭皮からの皮膚呼吸」「丈夫な血管からの栄養補給」が整っていれば改善できます。
シャンプー剤の選択ミスや、間違った手入れによる肌トラブルを回避すれば、毛周期に合わせて髪の毛は健やかに発毛してきます。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
薄毛予防の為に「正しい育毛法」を知り、薄毛にならない為の知識を身に着けましょう。
現在の状況において髪の毛や頭皮へのダメージは少ないと予想できますが、誤った育毛法を続けてしまうことで、後々影響がでてきてしまう事も考えられます。
髪を生やすうえで必要となる条件はな何か?どういった行動が髪の毛に悪影響を及ぼし薄毛・抜け毛を招いてしまうのけ、正しい情報と知識から今ある髪の毛のケアに努めていきましょう。

FIN