薄毛に悩むアナタへ届ける脱毛改善法 髪が生える育毛メソッド

本当の脱毛の原因

腕や足に重要な役割があることと同様、髪の毛にも重要な役割があります。役割がある以上、ケガや病気でもない限り、人体の理屈から考えて髪の毛が抜け落ちてしまうことはありません。

ところが実際には、ケガや病気でないにも関わらず、薄毛で悩んでいる人たちは世界中に大勢います。なぜ彼ら、彼らは薄毛を生じてしまうのでしょう?

薄毛の本当の原因にはいくつかありますが、大きく分ければ、以下の4つになります。

頭皮の酸素不足

人間が生命を維持する上で必要な2大要素は、栄養素と酸素です。栄養素が途絶えれば、やがて数日内に人間は死にいたります。まして酸素が途絶えれば、人間はたちまち死んでしまいます。

髪の毛も人間の体の一部である以上、同様のメカニズムが働いていると考えてください。髪の毛に栄養素が届かなければ、いずれは薄毛となります(薄毛になる前に人間は餓死してしまいますが)。髪の毛に酸素が不足すれば、こちらもやがて薄毛となります。

ところで一般に、酸素を体に採り入れるのは鼻や肺の役割というイメージがありますが、実は髪の毛が生きていくために必要な酸素の大半は、頭皮における皮膚呼吸で賄われています。よって、頭皮が皮膚呼吸できない状態になると薄毛が進行していく、と理解してください。

頭皮の皮膚呼吸を阻む大きな要因は、頭皮の汚れです。シャンプーの回数不足などによって頭皮の汚れた状態が続いていないか、よく振り返ってみましょう。

誤ったヘアケアによる頭皮の炎症

頭皮の炎症が慢性化すると、やがて髪の毛は抜けていきます。頭皮に炎症をもたらす最大の要因が、誤ったヘアケア。特に、誤ったシャンプー剤の使用により、頭皮の炎症はみるみる悪化します。

誤ったシャンプー剤とは、具体的に言えば「洗浄力の強すぎるシャンプー剤」。洗浄力の強すぎるシャンプー剤を使用すると、頭皮の健康を維持するために必要な皮脂までも、根こそぎ除去してしまいます。「しっかり洗い上げた」という爽快感は得られますが、皮脂がなくなることにより乾燥が進むなどし、頭皮は確実に炎症の道へと進みます。

新陳代謝の低下による毛母細胞の栄養不足

一般にイメージする「薄毛」や「ハゲ」とは別に、年齢に応じて徐々に髪の毛の全体量が減ってくる症状は、大なり小なり、どんな人にでも見られます。この症状のことを薄毛と呼ぶならば、その原因は新陳代謝の低下です。

人間は年を取るにつれて、頭皮を含め、全身の新陳代謝が低下してきます。頭皮の新陳代謝が低下すれば、毛母細胞への栄養供給が減少し、ゆっくりと髪の毛は薄くなっていきます。自然の摂理と理解して構いませんが、この症状に対しても有効な対策はあります。

薬害

ここで言う薬害とは、薬だけではなくサプリメント等も含んだ意味での薬害です。

髪の毛にはいくつかの役割がありますが、それらの中の一つが、体内の毒素を体外へと排出する役割。排出すべき毒素が髪の毛にたまり、自らが抜けるという形で、毒素を体外へと排出しています。

薬やサプリメントは、特定の目的に対する効果や作用を目指すものであり、その目的以外においては人体に不要な毒素。よって、薬やサプリメントを過剰に摂取すると、仮に病気の治癒や健康上の効果を得られたとしても、一方で体内には毒素が蓄積していくことになります。この毒素の蓄積量が増えれば増えるほど髪の毛は抜けていく、ということです。

薬害によるかつては稀なケースでしたが、昨今はサプリメント市場の急速な拡大に伴い、その症例は増えていると言われています。

脱毛を改善するために必要な条件

脱毛の本当の原因が上記の4点である以上、これらの要素を日常から排除することが、脱毛を改善させるための有効な方法となります。それぞれの具体的な方法について、順次見ていきましょう。

頭皮に十分な酸素を供給する

健全な髪の毛を維持するためには、頭皮に一定量の皮脂が必要です。しかしながら、汚れは必要ありません。頭皮に残った汚れは頭皮の皮膚呼吸を阻害し、酸欠から脱毛を招く要因となります。

頭皮の汚れの最たるものが整髪料。ヘアムース、ヘアスプレー、ヘアクリーム、ジェルなどは、髪の毛の形を整えるために有効なツールですが、一方で頭皮の皮膚呼吸を妨げる悪者でもあります。

整髪料を使ってはいけない、ということではありません。整髪料を使った日はよくシャンプーをして、成分をしっかり洗い流すことが重要です。

正しいヘアケアを行う

よくシャンプーをすることが重要とは言っても、すでに説明したとおり、洗浄力の強すぎるシャンプーを使ってしまうと、頭皮に必要な皮脂も一緒に洗い流してしまうことになります。整髪料などの汚れを落としつつ、必要な皮脂を残す種類のシャンプーを使いましょう。

ちなみにシャンプーの洗浄液は「高級アルコール系」「アミノ酸系」「石鹸系」の3種類に分かれますが、これらのうち、整髪料等の汚れを落としつつ皮脂をしっかりと残してくれる洗浄液は「アミノ酸系」。逆に、皮脂を根こそぎ洗い流してしまう洗浄液は「高級アルコール系」です。

また、頭皮の炎症を予防・改善させる成分を含んだシャンプーを利用することも有効です。「グリチルリチン2K」など、頭皮の炎症予防に良いとされる成分を含んだシャンプーを選ぶと良いでしょう。

育毛剤を使う

新陳代謝の低下にともなう毛母細胞の栄養不足に対しては、髪の毛の成長を促す栄養素を豊富に含んだ育毛剤・育毛エッセンスの使用が有効。栄養素が経皮吸収されて、健全な頭皮環境を作り上げます。

なお、育毛剤・育毛エッセンスを選ぶ際には、栄養祖だけではなく、抗炎症成分が含まれているかどうかも確認しておくと良いでしょう。

薬害を避ける

病気の治療や予防に必要な最低限の薬は、しっかりと服用してください。仮に、それによって脱毛症状が起こったとしても、髪の毛より命、髪の毛より健康のほうが大事です。

一方で、過剰なサプリメントの摂取は考え物。サプリメントを控えたところで病気になるわけでもなく、健康を害するわけでもありません。サプリメント漬けの方は要注意です。

あなたが気にする薄毛の原因、実は誤解も多いんです

実は間違っている脱毛の原因

私たちは薄毛の進行を止めたいがために、目に付いた育毛法に飛びつき、いたずらに頭皮を傷つけるヘアケアをしてしまいがちです。

こちらでは、世の中にある間違いだらけのヘアケアについて解説しました。なぜそのヘアケアが頭皮にとって負担となるのかを把握すれば、この先どのような情報を見ても正しいケアかどうかを判断できるようになるでしょう。

本当の原因とは?

薄毛になる原因はいくつかあります。頭皮の汚れやステロイドなどの薬、過剰なストレスなどさまざまですが、正しい対処法を知ってさえいれば、薄毛を改善させることは決して不可能ではありません。薄毛を解決する方法は、いつでもシンプルです。

       
監修者髪と肌の研究者 : 東田雪子さんの紹介
ノヴェルモイシャンプーシリーズノヴェルモイシャンプーシリーズ
気になる薄毛の原因は間違った育毛知識?
あなたに合った育毛診断テスト

頭皮のマッサージを意識して
シッカリと髪の毛を洗っている

1 / 5

頭皮の痒みやフケが気になる

2 / 5

髪の毛は薄いのになぜか体毛は濃い

2 / 5

頭皮のケアを意識して育毛剤や
洗浄力のあるシャンプーを利用している

3 / 5

パーマや毛染め、脱色などを行っている

3 / 5

日々の生活で帽子やヘルメットを
被り、よく汗をかく

3 / 5

健康を意識して、サプリメントや
健康食品を常用している

4 / 5

日々の生活にストレスを
感じている

4 / 5

髪に良いとされる育毛法は
とにかく試す様にしている

4 / 5

綺麗に洗っても頭皮の
べたつきや皮脂が気になる

5 / 5

育毛を意識して、機械療法を
定期的に試している

5 / 5

髪を洗う時、指やブラシなどで
頭皮をしげきするようにシャンプーしている

5 / 5

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
育毛に関する正しい知識と一度サロンでの詳しい診断をお勧めします。
あなたが頭皮の環境を整えるために良しと考え、対応している行いは逆に環境悪化の原因となってしまい、髪と頭皮にダメージを蓄積させている可能性があります。
「汚れを落とす」事を必要以上に意識し、その結果、頭皮の常在菌や頭皮化の細胞を死滅させてしまっているかもしれません。
そもそも頭皮は刺激に弱く、刺激への対抗手段として頭皮がだんだんと厚く・硬くなり新毛が生えにくい環境になってしまいます。
薄毛・抜け毛の状態が改善しない場合、この肌の仕組みが原因と考えられます。
ルチアでは頭皮エステとして、独自のエステ技術「ミラクルクレンジング」を行っており、頭皮診断やカウンセリングによるサポートも対応しております。
頭皮環境の改善に興味がある方はぜひ一度ご確認ください。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
頭皮・頭髪の健康状態が損なわれているかもしれません、
日々の生活の中で髪の毛や頭皮に対するダメージが蓄積し、頭皮の環境が悪化してきている可能性があります。
髪の毛は本来人間の機能として自然に生えてくるものですが、誤ったシャンプーの方法や髪の毛に対する認識が、薄毛や抜け毛に繋がる原因になっているかもしれません。
髪の成長に必要んあ条件は「清潔で健康な頭皮からの皮膚呼吸」「丈夫な血管からの栄養補給」が整っていれば改善できます。
シャンプー剤の選択ミスや、間違った手入れによる肌トラブルを回避すれば、毛周期に合わせて髪の毛は健やかに発毛してきます。

FIN

あなたの
育毛危険レベルは…

【解説】
薄毛予防の為に「正しい育毛法」を知り、薄毛にならない為の知識を身に着けましょう。
現在の状況において髪の毛や頭皮へのダメージは少ないと予想できますが、誤った育毛法を続けてしまうことで、後々影響がでてきてしまう事も考えられます。
髪を生やすうえで必要となる条件はな何か?どういった行動が髪の毛に悪影響を及ぼし薄毛・抜け毛を招いてしまうのけ、正しい情報と知識から今ある髪の毛のケアに努めていきましょう。

FIN